--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.1507:23

「マツダ・デミオ」がカー・オブ・ザ・イヤーを受賞!販売額が落ち込んでいた株式投資信託が2兆円台に回復!

「マツダ・デミオ」がカー・オブ・ザ・イヤーを受賞!

原油高・維持コストの高さや所得格差などの影響で日本では2.0リッター以上の大排気量の車が売れなくなり、軽自動車とコンパクトカーの売上が自動車メーカーの利益を支えるようになっています。普通車であれば特に1.0リッター~2.0リッター程度のコンパクトカーに人気があり、トヨタであればヴィッツやBb、ラクティス、ニッサンであればキューブやマーチ、ホンダであればフィット、マツダであればデミオなどが売れていますね。ホンダのフィット(Fit)は最近フルモデルチェンジをして、毎日頻繁にTVCMを売っていますが『デザインの斬新性』という点では今ひとつという感じがします。元々のフィットのデザインと機能性の完成度が高いので、コンパクトカーで最大のヒットとなった初代フィット以上に、どこをいじれば分からないという感じなのかもしれませんが。

僕が上記のコンパクトカーの中で選ぶのであれば、キューブかデミオかフィットですが、室内空間の広さからすると四角いスクエアなデザインのキューブがいいかもしれません。無難にスタイリッシュに乗るのであればフィットがいいですが、デミオの流線型の滑らかなボディもその人の趣味が合えばなかなかいいと思います。そういえば、トヨタもカローラ・ルミオンというスクエアな四角いコンパクトカーを新しく出してきました。1兆円以上という史上最高の売上を出したトヨタは軽自動車を取り扱っておらずレクサスなどの富裕層マーケティングに力を入れており、海外市場をメインのターゲットにしているようですが、一般向けのコンパクトカーの開発もちょこちょこと進めているようです。

自動車評論家らが構成する日本自動車研究者・ジャーナリスト会議(RJC)は、2007年11月13日に、カー・オブ・ザ・イヤーとして5年ぶりにフルモデルチェンジをしたマツダの小型車「デミオ」を選びましたが、これは妥当な受賞という気がします。フォードと資本提携したマツダですが、最近発売している車の外観・内装を含めた総合的な完成度はかなり高くなっており、2.0リッタークラスのアテンザなどもインパネやシート周りのデザインがかなりクールにまとめられていて気持ちよく乗れる感じですね。最近は、マツダに限らずどこのメーカーも内装のカラーや素材にこだわっていますが、外観だけでどれを選んだら良いか迷う人は実際に乗ってみた時の『内装の雰囲気とフィット感』を基準にして選んでみると良いと思います。コンパクトカーでは、エンジンとか足回りとか走行性能にこだわる顧客はまずいないので、外観のデザインと内装の雰囲気の総合的評価によって売上が変わってくるでしょうし、四角いデザインか丸っこいデザインかで大きく好みが分かれてくる面もあります。

販売額が落ち込んでいた株式投資信託が2兆円台に回復

アメリカ初のサブプライムローンによる金融市場の混乱と日本の金融取引法の施行によって、『投資信託の販売実績』が一時的に落ち込みましたが、再び10月には2兆円台の契約額に回復したそうです。日本人の預貯金で眠っている金融資産を投資に向けようとする『貯蓄から投資へ』の流れが強まっていましたが、最近は取引が面倒な株式よりも金融機関に預けておくだけで良い投資信託のほうに人気が集まっているようです。投資信託の良いところは、国内・海外の『株式・債券・REIT(不動産投信)』などを組み合わせたたくさんの金融商品を自由に選べて、あとは基準価額の値動きを見るだけで良いという手軽さですが、契約したお金の元本を下回る各種のリスク(市場リスク・為替リスク・信用リスク・政治リスク)などがあるので、それを理解した上で買うことが必要ですね。最近は、中国やインド、ブラジルだけではなく、ベトナムやパキスタンなど中東系の国々のファンドも作られているのですが、これらの国は政情が不安定なので政治リスクに十分配慮してから購入しなければ危険です。

株式投信の設定(契約)額が、前月比3927億円増加して2兆2975億円となったのですが、株式投信の純資産残高は前月末に比べて1兆5589億円増加(うち、運用による増加は1兆929億円)して、69兆684億円にもなっているんですね。投信には株式型と債券型、開発系・不動産系などがありますが、株式型で約70兆円ですから投信全体の資産残高になると100兆円を大幅に超えている感じなのでしょう。日本の金融資産の総額は1500兆円以上といわれますから、それでもまだ投資や消費と全く無関係に預貯金で眠っている現金があるのでしょうけど、結局、市場に出回らないお金は存在しないも同様なので日本の資産増大や経済活性化という観点では、資産の何割かは考え抜いた投資に回したほうが良いのではないかと思います。

関連記事

テーマ : 新車・ニューモデル
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

今月働きませんw63

やっと一人目の紐ヅルげとwwwwそんな事するより今月はこれで働きませんww
http://l-date.net/ta/195
スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。