--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12.0219:02

ミス・ワールド世界大会で中国代表の女性が初めて優勝!安藤美姫がNHK杯で3回転倒し、GPファイナルに出場できず!

ミス・ワールド世界大会で中国代表の女性が初めて優勝!

今年の「ミス・ワールド世界大会」が1日に中国南部の海南島のリゾート地・三亜市で開かれましたが、この大会で中国代表の張梓琳さん(23)が中国人女性としては初の優勝の栄冠を手にしました。日本では中国人の芸能人の知名度はあまり高くないので、ぱっと思いつく綺麗な中国人女優では映画やアジエンス(シャンプー)のCMで活躍していたチャン・ツィイーくらいしか思い浮かばないのですが、欧米圏の女性も含めた世界大会で優勝するというのは凄いですね。ミス・ワールド世界大会の開催地が中国だったので、多少のホームタウンデシジョン(ホームの優位さ)はあったかもしれませんが、最近はアジア人特有のオリエンタルでしとやかな雰囲気の美が世界的に注目されているという背景もあるようです。更に言えば、欧米の白人優位の美的基準が崩壊しつつある兆候もあり、『女性の美のグローバル・スタンダード』が多極化しているとも言えるのですが、白人・黄色人種・黒人の間にあるそれぞれの美のあり方を認めようとする流れがありますね。

ミス・ワールド:中国代表が大会史上初の栄冠

日本人からするとアジア系の美貌というのは見慣れていて、欧米系の彫りの深い華やかな美貌に異国情緒を感じますが、欧米系の人たちからすると、アジア系の女性というのは『年齢に対する若々しさ(童顔)・肌の程よい白さと滑らかさ(肌理の細かさ)』という点に新鮮さを感じることもあるようです。張さんは河北省石家荘市出身で、身長は182センチもあり、職業は企業の秘書ということです。北京の中国科学技術大学在学中にモデルをしていたということなので、才色兼備のインテリな女性でもあるようです。

国際的な権威のあるミスコンというのは、外見的な美だけではなく、内面的な洗練と外見の美しさの総合点で競い合うという側面があるので学歴もある程度高い女性が揃っていますね。張梓琳さんは、昨年も国内のモデルコンテストで入賞しており、中国国内でのミスコンにおける存在感はあったようですが、2位に入ったのがアフリカのアンゴラ出身の女性、3位が中米のメキシコ出身ということで、ミスコン入賞者の国際化は今後も進んでいきそうです。そこには、アファーマティブアクション的な政治的影響力もあるのかもしれませんが、世界のすべての国々の美的感覚が尊重されるようなミスコンを目指す方向性があるのかなと感じました。

安藤美姫が3回転倒で、GPファイナルに出場できず!

フィギュアスケートでGP出場を目指していた安藤美姫さん(19)ですが、ショートプログラム(SP)で2位に入る健闘を見せたものの、フリーで完全に自分自身のペースを崩してしまい4位へと順位を落としてしまいました。仙台体育館で行われたこのNHK杯で優勝しないとGPファイナルに出られないので、今年は安藤美姫はGPファイナルへの出場資格を手に出来なかったわけです。SPの演技の時にはジャンプも華麗に決まって体の調子が良さそうに見えたのですが、フリーでは得意のジャンプを連続して3回も失敗するなど本来の実力を全く発揮することが出来ませんでした。一方、鮮やかなパープルの衣装を身につけて登場した新星の武田奈也(18)が3位に入賞する見事なすべりを見せて、表彰台に立つことが出来ました。

安藤美姫の不調の最大の原因は『本番での集中力の欠如・精神的な不安定さ』であると試合の後に安藤自身が語っていますが、本番前の6分間練習のときにジャンプで転倒してスケートのエッジが内腿に軽く刺さったことで精神的な安定を欠いたとの報道もありました。浅田真央とのファイナルでの直接対決が楽しみにされていましたが、安藤の今後の課題はやはり極限状況でのメンタル面の弱さの克服ということになってきそうですね。安藤美姫本人は今回の敗戦について『連続3回転は跳べないと練習で分かりました。コーチから3回転-2回転に変更しろと言われたが耳に入らず、頭がこんがらがってしまった。(右太もものけがは)ちょっと筋肉の神経に障るので感覚がなかった』と述べていますが、同時に途中で諦めずに最後まで頑張って滑ったことについて、『最後まで滑り切れたのは声援を送ってくれたファンのおかげ。感謝の気持ちでいっぱいです』とコメントを残しています。

最終的にGPファイナルに出場する6人は、日本人では優勝候補筆頭の浅田真央(中京大中京高校)と最近めきめきと実力を上げてきた中野友加里(早大)が出ますが、外国人勢としてGP2勝のキム・ヨナ(韓国)、スケートアメリカ優勝のキミー・マイズナー(米国)、NHK杯を制したカロリナ・コストナー(イタリア)、世界ジュニア女王のキャロライン・ザン(米国)の出場が決定しています。

関連記事

テーマ : エンターテインメント総合
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。