--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.1423:30

懐かしの知念里奈が男児出産!ベンチャーやファンドの経営と拝金主義の誘惑!

先ほど、杉村太蔵氏が、大好きな大好きな(本人の表現)彼女と結婚するという話を書いたのですが、もう一つ、結婚ではないのですが、何となく懐かしい気分になる知念里奈(25)さんの出産のニュースがあったので書いておきます。知念里奈がテレビで活躍していた時期は相当昔のような気がしていたので、まだ25歳だったというのは意外でした。

知念里奈が男児を出産…復帰時期は未定

昨年8月にモデルの中村健太郎(22)と結婚した歌手、知念里奈(25)が第一子となる男児を出産していたことを13日、所属事務所が発表した。

知念は今月11日午後2時ごろ、地元・沖縄の病院で、中村立ち会いのもと3262グラムの男児を出産。母子ともに健康という。知念は「たくさんの人の応援や支えがあって赤ちゃんに会えたこと、本当に感謝しています。母親としての実感がようやくわいてきました。ありがとうございます」とコメントした。名前はまだ決めていない。現在、芸能活動休止中で復帰時期は未定。

芸能界で活躍している人達の顔ぶれの変化を見ていると、芸能界というのは本当に、生き馬の目を抜くような激しい競争の世界だなというのを感じます。浜崎あゆみとかSMAPとかある種のカリスマへと昇格したアーティストや芸能人は、長期間にわたって人気を維持できるのですが、大部分の芸能人は、数年の絶頂期を越えると静かに華やかな舞台からは退場していきますね。

正に、諸行無常の世界ではありますが、知念里奈さんのように結婚や出産という一般的な幸福や安らぎの形へと落ち着いていく人生も素敵だと思います。まぁ、完全に芸能界引退というわけではないようですので、今後もまた、歌を歌ったり舞台に出たりする可能性はあるのかもしれません。テレビに登場したばかりの頃は、「第二の安室」というキャッチフレーズで売り出され、短期間ではありましたがファッションリーダーとして注目されたこともあったことも思うと昔日の感がありますが…。

しかし、安室奈美恵さんは、もう20代後半で30歳も近いと思うのですが、全盛期と比べても、全くスタイルが崩れていないし、顔立ちもあまり変わっていないのは凄いですね。今の安室の歌も、また全盛期の小室サウンドとは違った独特な雰囲気があって、クラブやバーなんかで流すと合いそうです。

芸能から経済の話に変わりますが、ライブドアの没落以後、大規模な投資を繰り返すファンドは、マネーゲームだ虚業だと批判されることが多くなっていたのですが、莫大な投資資金を集めるファンドの実情は、やはり、かなり僕達の日常感覚とはかけ離れたもののようです。

FPN-ニュースコミュニティ- ベンチャー経営者が拝金主義にならない方がおかしい…

1年間の土日や祝日などを除いた営業日って240日ぐらいですが、毎日1億円ずつ投資をしていったとしても、1年間で投資をできる金額は240億円。これを4年つづけても1,000億円は投資しきれないわけです。

ベンチャー企業でそもそも1億円の投資を必要とする企業もそう多くはありません。一方、ファンドの場合はやはりファンドを集めてから数年以内には投資を完了したいところです。と言うのは、ファンド運営者は集まったファンド金額に対して2%とかの手数料をもらうことになっていますので、1,000億円のファンドであれば20億円が収入になります。何もしなくてもこれは収入です。

従って、ファンドの規模はもちろん大きい方がいい。ただ、本当に何もしていないと (投資をしていないと)、金返せ!って言われるので投資はしないといけない。こんな構図です。

その結果どうなるかというと、ばら撒き投資。つまり、量的緩和なわけです。量的緩和が行き過ぎるとバブルですのでね。そりゃ、ベンチャー経営者が拝金主義にならない方がおかしいですよね。

手数料で利ざやを稼ぐファンドや証券会社は、投資資金を出来るだけ多く集めれば集めるほど大きな利益を得られるわけですが、確かにその集めたお金を投資できる分野は限られているでしょうから、何千億も集めたお金を投資する対象を見つけるのが大変ですね。

何か、「ばら撒き投資」とか言われると、かつて土建王国だった日本行政の「ばら撒き財政・不要な公共事業の割り増し」を思い浮かべてしまいました。

一般企業でもファンドでも本当は、社会に還元できる素晴らしい商品やサービスを生み出すこと、その商品やサービスの供給を資金面で支援することが本務であり、その本業に対する熱意や夢、ロマンを追求し続ける中でお金を得ていくことが理想だと思います。しかし、いったん株式上場のチャンスがベンチャーに巡ってくれば想像を超えた大金が手に入るので、精神的にハイになって舞い上がってしまい金銭感覚が麻痺して、本業そっちのけで錬金術めいたマネーゲームに誘惑される場面も多くなるのでしょうね…。

莫大な資金が集まったファンドにしても、手数料だけで数十億年のお金が手に入るわけですから、投資する前からマネーゲームにどっぷりはまり込んでしまっているのかもしれません。合法的な手段や戦略でお金を儲けることは良い事だと思いますが、出来るならば社会や人々に利益や夢を還元しながら自分たちの利益を上げていって欲しいと思います。

関連記事

テーマ : 芸能一般
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。