--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.2705:46

楽天が電子マネー“楽天キャッシュ”のサービスを開始!友人に電子メールで送信することも可能!

楽天が電子マネー“楽天キャッシュ”のサービスを開始!友人に電子メールで送信することも可能!

SuicaやPasmoなどをはじめとしてクレジットカードとは異なる『電子マネー』の流通量が、ここ二年間ほどで急速に拡大しています。電子マネーとクレジットカードを比較すると、電子マネーのほうが匿名性が高くクレジットカードのような審査がないので(今は学生やバイトでもカードは作れますが)、誰でも簡単に利用しやすいというメリットがあります。あと、電子マネーは自分がチャージ(入金)した金額だけしか利用できないので、クレジットカードと比較すると『無駄遣いをしにくい・計画的に買い物(サービス利用)をしやすい』というメリットがあります。

日本最大手のECサイト『楽天』が、この電子マネー(ウェブマネー)市場に参加することを決め、2月26日から『楽天キャッシュ』のサービスを開始しました。この『楽天キャッシュ』という電子マネーは、東京都民銀行が発行した電子マネーを「楽天市場」など同社の各サービスで利用できるようにするものですが、メールで電子マネーを友人・家族に送信することもできるという便利な機能を持っています。遠く離れている友人にちょっとしたプレゼントをしたいけど、プレゼントを選ぶ時間がないという時や友人の好みが分からない時に、電子マネーなら気軽に贈りやすいというメリットがありますね。品揃えが豊富な楽天なら、きっと恋人や友人も贈られた電子マネーで自分の好きな商品が見つけられるでしょうし。ただ、電子マネーばかり送っていると、プレゼントを選ぶ手間を惜しんでいると思われる危険性もありますが。

とはいえ、僕は今までプレゼントを貰った中で、商品券や図書カード(昔の図書券)など自分で商品を選べる金券は結構嬉しいプレゼントのうちに入ります。相手の価値観や相手との関係性によって、こういった金券や電子マネーは喜ばれるかどうかわからない部分もありますが、深い付き合いの恋人ではなくちょっとした友人などへのプレゼントであれば電子マネーを送られると嬉しいのではないでしょうか。電子マネーに似たものとしてAmazonで買い物が出来るAmazonポイントも友達にメールで送ることが出来るのですが、ちゃんとしたカードの形をした「Amazonカード」はAmazonのサイトでは買えないんですよね……Amazonカードは、ローソンなどのコンビニで売っているようです。

とはいえ、この「楽天キャッシュ」という電子マネーは誰でも買えるわけではなく、東京都民銀行楽天支店の「楽天バンク@TTB」口座をもっている人か、「楽天カード」のクレジットカードを持っていないとダメなようです。1ポイント1円(1000ポイント以上から100ポイント単位で購入)ですが、楽天バンクは購入金額の1%、楽天カードは2.5%を手数料として徴収するので現金と比較するとちょっとコストがかかりますね。あと、友人にこの楽天キャッシュをメールで送る場合には、一律52ポイント(52円)の手数料がかかるので注意してください。楽天キャッシュを現金に換金することも可能ですが、5%の手数料がかかるのでいったん電子マネーにしてしまうと現金に戻すのはちょっともったいないですね。

関連記事

テーマ : ITニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。