--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.1011:38

SONY(ソニー)がドコモ向けの携帯事業から撤退!鎖国状態にある携帯電話の日本市場が行き詰ったか?

SONY(ソニー)がドコモ向けの携帯事業から撤退!鎖国状態にある携帯電話の日本市場が行き詰ったか?

端末を開発・販売する日本の携帯電話市場で、業界再編が静かに進み始めたようだ。つい先日、ドコモでスライド式端末の「D」シリーズを販売する三菱電機が端末市場からの撤退を明らかにし、端末の売上不振に喘いでいた三洋電機も市場からの撤退を既に決定している。日本のケータイ端末を製造する大手メーカーについて、数年前から「海外市場での販売戦略がない・グローバルに通用する人気端末を開発できていない」という批判が続いており、日本のケータイ市場は事実上の鎖国状態に陥っており市場が飽和している。日本の人口のパイは今後も増えることがないので、ケータイ市場が日本に閉じている限り、売上規模・成長率はいずれ鈍化して停滞することになるだろう。

SONY(ソニー)は液晶テレビのパネル製造でも大幅な経営戦略の転換(業務提携)を行ったが、世界に通用する電機メーカーであるSONYが、NTTドコモ向けのケータイ端末の製造を打ち切るというインパクトは大きい。NTTドコモでSONY(ソニー)が販売している端末はジョグダイアルで一時期話題になった「SO」シリーズで、一般的には「音楽(着うた)ダウンロード・音楽視聴」の機能に優れた端末という認識を持たれていた。ソニーが日本のケータイ市場から撤退する理由は、売上不振で赤字に陥った三菱電機のケータイ部門とはやや異なるようだが、簡単にまとめると「競争が激しく利益率が下がっている日本のケータイ市場」に見切りをつけたということのようだ。もともと、ソニー・エリクソン自体が日本市場よりも世界市場での成長に力を入れていたのだが。

今後は、イギリスにあるソニーの出資会社であるソニー・エリクソンのブランドを生かして、世界市場向けのグローバルな端末製造に全力を注ぐ事業方針を転換していくことになりそうだが、ソニーの知名度(ブランド力)は世界的なものなので、日本市場にこだわるよりも世界市場の中でのプレゼンスを高めたいのだろう。人口増加率やケータイ普及率を考えても、日本のケータイ市場は既に飽和状態にあり、既に10社以上の会社がケータイ市場で争い合っていて競争淘汰率の強い「レッドオーシャン」になってしまっている。NTTドコモの主力端末の一つであった“SO”シリーズが今年いっぱいでなくなってしまうのは悲しいことだが、日本のケータイ市場の競争環境と収益率が悪化している以上、ソニー・三菱電機・三洋電機以外にも日本市場から撤退するメーカーが後いくつかは出てくるのではないだろうか。

日本のケータイ市場とケータイ端末、通信規格(帯域)は海外市場でそのまま通用しない「鎖国状態」にあるが、端末のデザインや機能そのものはノキアやモトローラなど世界的メーカーに劣っているわけではない……日本企業が海外市場で健闘してくれることは嬉しいのだが、日本市場を完全に無視した生産体制にならないような経営努力をして欲しいと思う。消費者としては選択肢はある程度多いほうがいいが、最終的に何社くらいがケータイ端末製造の分野で生き残れるのだろうか。基本的に、ケータイに付属すべき付加機能は出尽くした感じがあり、ケータイがコモディティ化(日用品化)しているので、ケータイの小売価格を今以上に吊り上げることは難しいし、ケータイのユーザが飛躍的に増えるということも全く期待できない。ケータイ端末市場は、成長の余地の乏しい市場に見えるが、買い替え周期を早められるような価格設定をキャリア側がすれば、少しは収益率が改善するような気もする。また、三菱電機やソニーがケータイの日本市場から撤退した理由として「高機能化による開発コストの増大」があり、大半の機能を一度も使うことがないユーザが多いことを考えると、高機能化に経営資源を注ぎ込みすぎるのもムダのように思う。とはいえ、他の端末よりも機能面で劣っていると、実際にその機能を使わないユーザでも「何となく魅力のない端末」に見えてしまうので難しい問題だとは思うが。

関連記事

テーマ : NTT DoCoMo
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。