--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02.0322:57

『チャーリーとチョコレート工場』を参考にした絢香のCD『I believe』の夢のある販売企画

今年の春の甲子園は3月23日に開幕しますが、第78回選抜高校野球大会開会式の入場行進曲は、去年大ヒットしたテレビドラマ『野ブタ。をプロデュース』の主題歌だった『青春アミーゴ』に決まりましたね。

この『青春アミーゴ』の曲は、KAT-TUNとは別のユニットの「修二と彰」というデュオで、亀梨和也(19)と山下智久(20)が歌って大ヒットしたわけですが、去年のCDセールスでは唯一百万枚を超えるセールスを記録しています。

しかも、亀梨和也くんは、単なる野球好きではなくて、少年時代にはリトルリーグの世界代表に選抜されるほどの腕前で、ポジションはピッチャーでエースをやってたそうです。ジャニーズで歌や踊りの才能に優れているだけでなく、本格的なスポーツの世界でも一定以上の実力を示しているというのは素晴らしいですね。

亀梨和也くんの野球に関する情報は、このリンク先のページに色々と乗っていて興味深いですよ。和也という名前が、嘘か本当かは分かりませんが、野球を題材にした少年漫画の『タッチ』の天才ピッチャー上杉和也からつけられたというのは面白い情報ですね。

彼のように、運動神経と動態視力に優れていれば、野球のみならず、サッカーでもボクシングでもどんなスポーツでもある程度以上の成績は残せますよね。野球は、筋肉の強靭さというよりは、タイミングをつかむ瞬発力とボールの動きを目で追う動態視力の正確さにかかっていますから、先天的な才能の要素も大きく関係してくると思います。

特に、めちゃくちゃ速い球になると、幾ら練習してもまともに当たりませんからね。バッティングセンターでかっこつけて140キロ以上のコーナーにいくと、大抵まともな打撃を見せられる人は殆どいませんね…。

亀梨くんは、現在は、野球よりも歌・踊り・演技といった芸能活動に全力を注いでいるのでしょうが、スポーツ以外の分野でも見事に頭角を現したといことで2つ以上特技や才能があるというのは羨ましい。そういった彼の少年時代の野球人生を考えてみても、『青春アミーゴ』は甲子園の高校野球で流れるのに相応しい曲なのかもしれません。

プロ野球では、巨人軍を追われてオリックスに行った清原和博(38)が、沖縄の宮古島キャンプで最高級のメープル(かえで)素材で作らせた『Xバット』初使用したらしいです。その特製の硬質なバットで、ホームランを連発したみたいですが、もう終わったように見えた清原の復帰もあるのやもしれません。

野球の話から音楽の話に少しずれると、韓国人の人気女優・チェ・ジウ(30)と日本のクールな俳優・竹野内豊(35)が共演しているTBS系ドラマ『輪舞曲ロンド』(日曜21時)の主題歌を歌っている絢香が面白い趣向を凝らしたデビュー・シングルを販売するようです。

しかし、デビューシングルから、人気ドラマの主題歌を歌わせてもらえるというのは幸運ですよね。絢香の歌うデビュー曲の『I believe』は確かに素人離れした歌唱力の高さは感じさせてくれますので、かなり販売枚数のほうも増えていくんじゃないかと思います。

音楽業界初の夢の企画というのは、『I believe』のCDの100枚に1枚の割合で純金メッキしたCD盤を市場に流通させるだけでなく、その純金メッキCDを手にできた購入者をデビュー記念ライブへ招待するという豪華企画です。

絢香のデビューCDは100枚に1枚お宝純金“あたり盤”

この企画、昨年大ヒットしたジョニー・デップ(42)主演のハリウッド映画「チャーリーとチョコレート工場」にヒントを得ている。

世界中で販売されたチョコレートの中にゴールドチケットが5枚だけ封入され、そのチケットを手にした5人の子供たちが夢のチョコレート工場を見学するというファンタジー物語。その内容に共感したスタッフが、映画と同じく購入者に夢を感じてもらおうと企画した。

デビュー・シングルが人気ドラマの主題歌だった人というと、昔の中島美嘉を思い出しますが、絢香も中島美嘉のようなビッグなアーティストになれるといいですね。『チャーリーとチョコレート工場』は、ハリウッド映画のほうも子ども連れの家族を中心に大ヒットしましたが、書籍のほうも相当に大きな売り上げを上げたんですよね。

去年は映画の興行収入があまりよくなかったんですが、そんな中でもハリーポッターとチャーリーだけはなかなか良い売り上げを出していたので、これからは子どもと大人の両方が楽しめる映画でないと映画館まで足を運んでもらうのが難しくなっていくのかなと思ったりします。

CDもインターネットでの音楽配信が盛んになってきているので、絢香のような『CDを買わないと楽しめない企画』みたいなものをオマケにつけないとお店に行ってCDを直接買ってくれない時代になるかもしれません。iPodとかを持ってしまうと、やっぱりネットでダウンロードして音楽を聴きたくなってしまうだろうから、これからのCDセールスってのは厳しい感じがしますね。

関連記事

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。