--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04.1005:14

日銀総裁に白川方明氏が昇格、総裁空白が終結か!社会保険庁が日本年金機構への改編で、2014年度には職員の4割を人員削減!

日銀総裁に白川方明氏が昇格、総裁空白が終結か!

福井俊彦・前日銀総裁が任期満了となった後に、財務省出身者の後継人事に対する民主党の反対もあって、日銀総裁の座が3月20日から空席になるという異常事態になっていました。しかし、9日の衆参両院本会議で、白川方明副総裁(58)の総裁への昇格案を与党や民主党などの賛成多数で同意したことにより、日銀総裁の3週間にも及ぶ空白期間が埋まることになります。この日銀総裁の後継人事問題は、はじめに民主党が武藤敏郎氏(元財務次官)の総裁昇格案に「財政と金融の分離」という理由で反対したことから始まりましたが、どうも「反対ありきの政局論争・民主党の権力争い」といった側面が強く出ていたように思います。

日本銀行は、日本の金融政策と発券業務(通貨製造)の担い手であり貨幣の流通量の調整を行う『中央銀行』ですが、中央銀行の後継人事と業務体制が正常化したことは歓迎すべきことだと思います。民主党は、渡辺博史・前財務官の副総裁起用案にも強く反対していましたが、この人事問題では小沢一郎代表(反対派)と鳩山由紀夫幹事長・仙谷由人氏(容認派)の意見が対立したようです。

『財務省出身者だから天下りで容認できない』という小沢一郎代表のロジックは分かりますが、財務省出身者だから金融政策をはじめとする日銀業務の有効性・公正性が担保できないのかといわれるとかなり疑問です。『日銀人事』という国民の経済生活と銀行の金融業務に直結する問題を政争の道具にしたことは、政権交代を狙う民主党の評価にマイナスになったのではないかと思いますが、最低でも党内の意見は一本化しておくべきでしょうね。11日の7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議を目前にして、ぎりぎりで日銀総裁の空白という異例の事態が改善されたわけですが、世界経済も日本経済も低迷が続いているだけに白川方明・新総裁がどのような手腕を見せてくれるのかに注目したいと思います。中央銀行の独立性と公正性を守りながら、日本経済を安定化させる金融政策を思いきって実行してもらいたいのですが、学者肌の白川総裁はどちらかというと極めて伸張な政策判断をする人物のようです。

社会保険庁、2014年度には職員の4割を削減!

『宙に浮いた年金・本人確認できない納付記録・窓口における年金保険料の横領』などさまざまな問題によって、国民から極めて厳しい評価を受けている厚生労働省下の社会保険庁ですが、政府主導の社会保険庁改革による『人員削減計画』が明らかにされました。年金業務を外部委託するなどして、2005年度末には約2万3800人いた社保庁職員を段階的に減らしていく計画が決まっています。2010年1月には、現在の社会保険庁を解体して日本年金機構に再編成されますが、この組織改革によって、約2万3800人の職員を約1万8300人にまで減らすということです。人員削減はそれだけではなく、更に2014年度をめどにして職員数を2005年度比の約38%減になる約1万4800人まで削減するということです。断続的に起こった不祥事と厳しい財政状況を考えれば当然の改革的措置といえますが、本省である厚生労働省では、逆に職員の若干の増員が決まっているようです。

日本のIT競争力が19位に後退する!

最近では、青少年保護のためのフィルタリングやネット規制が盛んに議論されていて、今国会中に新たなネット規制関連法案が成立するのではないかと見られていますが、日本のIT分野の競争力が低下しているのが気になるところです。ダボス会議を主催する世界経済フォーラムが、各国でのIT(情報技術)の活用度合いなどを評価した2007-08年版「世界IT報告書」を発表しましたが、日本は127カ国中の19位で前年度から5ランクダウンとなりました。IT競争力のトップは政府の効率的な電子化が急速に進んでいるデンマークだったということですが、日本では公共部門・政府機関での電子化が停滞しており、住民基本台帳カード(住基カード)のような統一的IDの普及もいまいちで国民から殆ど受け容れられていません。社会保障カードがIDカードとして利用されるようになれば、電子政府化は漸進的に進むのかもしれませんが……過剰あるいは過保護(パターナリスティック)なネット規制によって、民間部門・ネット企業の経済成長力や国際競争力が停滞するのではないかという懸念もありますね。

関連記事

テーマ : 政治のニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。