--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.1108:41

米フォーブス誌の日本の富豪ランキングで、任天堂の山内溥相談役が1位に!mixi(ミクシィ)、3月期決算で売上100億を達成し中長期的に3000万ユーザの獲得を目指す!

米フォーブス誌の日本の富豪ランキングで、任天堂の山内溥相談役が1位に!

米経済誌フォーブスのアジア版が発表した日本の富豪ランキング「日本の富豪40人」(5月8日づけ)によると、任天堂の(ひろし)相談役が保有資産は78億ドル(約8100億円)で1位となりました。携帯型ゲーム機の「ニンテンドーDS」と体感型の次世代ハードである「Wii」が予想を越える人気となっており、「ゲームユーザの市場」を中高年齢層まで拡大したことが任天堂の勝因となっています。日本とアメリカをはじめとして世界のさまざまな市場でニンテンドーDSとWiiが爆発的な勢いで売られ続けたのですから、山内溥氏の任天堂株を中心とした個人資産が飛躍的に増えるのももっともといえばもっともな話だと思います。

ゲーム会社・任天堂の株価の急速な増大によって、任天堂はトヨタの時価総額に迫るような巨大企業へと更なる成長を遂げましたが、この「ゲーム業界の黄金時代」がどこまで続くのかというのも気になりますね。プレイステーション2の時代にはソニーに押さえ込まれていた任天堂ですが、ニンテンドーDSの開発によって携帯型ゲーム機の市場で覇権を握ってからは完全に任天堂が優勢になっており、Wiiの爆発的ヒットによって更に企業価値を大幅に高めた状況になっています。「ゲーム・アニメ・漫画の市場」に限っては、世界的に見ても日本の業界が有利な市場なので、今後も任天堂やソニー、アニメ業界には日本経済を牽引するような存在としてがんばって欲しいと思います。

日本の富豪の2位は、昨年1位を獲得していた森章・森トラスト社長が保有資産は77億ドルでランクインしており、堅実な不動産(貸しビル)・都市開発事業を行い続けているようですね。インターネット業界では知らない人のいないSNSのmixi(ミクシィ)を経営する笠原健治社長も、32歳という若さで日本の富豪40人にピックアップされており、旧ライブドア経営者の堀江氏に次ぐ若手の富豪となっています。mixiは現在登録ユーザが1400万人を越えており、日本のSNS市場における独占的シェアの獲得が続いていますが、それに比例して主要事業である広告事業が順調に成長しているということです。

mixi(ミクシィ)、3月期決算で売上100億を達成し中長期的に3000万ユーザの獲得を目指す!

日本最大手のSNSであるmixi(ミクシィ)が株式上場をしたばかりの頃は、“mixi疲れ”や“ユーザインタフェースの陳腐化”“新機能の需要の低さ”により、「mixiの成長の頭打ち」が議論されたりもしていましたが、2008年3月期の決算の数字を見る限りはその心配は杞憂に終わりそうです。少し前まで1000万ユーザに届くか届かないかという状態だったと思うのですが、現在ではmixiの登録ユーザは1401万人となっており、この中にある程度の重複IDや業者が入っているとしても1000万程度のユニークユーザが存在する巨大なSNSとなっています。

2008年3月期(2007年4月1日~2008年3月31日)の売上高は100億5293万円(前年同期52億4738万円)、営業利益は37億 4932万円(同21億8471万円)、経常利益は37億6413万円(同21億4741万円)、純利益は20億1104万円(同11億1809万円)となっており、日本のIT企業の中では間違いなくトップクラスの高収益体質の企業であり、順調にユーザ数とPVが推移すれば更なる成長を期待できる状況にあります。「mixi」が87億5707万円の売上を上げており、元々本業であったインターネット求人事業「Find Job!」は12億9586万円に留まっていることから、mixiのサービス向上・ユーザ増大をメインにしてそれをFind Job!のリクルート事業が補完するというビジネスモデルは今後も変わらないでしょう。

2008年3月31日時点のmixiのページビュー(PV)はPC版とモバイル版あわせて137.9億PV(PC版が54.8億PV、モバイル版が83.1億PV)にも上っており、ユーザー数が1401万人であることを考えても、一人当たりが閲覧する平均PVが月に1000以上ですからかなり頻繁にmixiを利用するユーザが多いことが分かります。mixiの笠原社長は中長期的に3000万ユーザの獲得を目標にするといっていますが、インターネット・ユーザの間では既に飽和状態になっているmixiで、更に1500万以上のユーザを増やすためには、「今、ネットを余り使っていない層・高齢者層・アナログ層」を取り込んでいく必要があるでしょうね。携帯電話事業ではドコモの「らくらくホン」などが高齢者ユーザを大幅に増やす引き金となりましたが、mixiも「今いるユーザ以外の年齢層」を取り込むためには特別な高齢者が利用しやすいサービスかmixiの面白さ・便利さをアピールするキャンペーンを大々的に行っていく必要があると思います。現在のマイミクシステムでは、すべての人間関係が「フラット化・可視化」されてしまうという特徴があるのですが、このマイミクシステムを目的別(プライベート(リアルの知人専用)・ネット経由の友達専用・家族専用など)に複数構築できるようにするなどしても面白いと思います。

関連記事

テーマ : ITニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。