--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.2605:55

東京都江東区のマンションで不明だった女性が殺害か?同じ階の33歳の男が逮捕される!

東京都江東区のマンションで不明だった女性が殺害か?同じ階の33歳の男が逮捕される!

4月18日の夜8時頃に、東京都江東区潮見2のマンションで23歳の契約社員の女性が突然行方不明になるという不思議な事件が起きていましたが、この事件が最悪の結末を迎えそうな雲行きになっています。マンションから行方不明になっていた女性は東城瑠理香(とうじょうるりか)さん(23)であると発表されましたが、それと同時に、同マンションの9階(被害者と同じ階)に住む派遣会社社員の星島貴徳容疑者(33)が東城さんの部屋に侵入した住居侵入容疑で逮捕されました。

マンションの918号室に住む星島貴徳容疑者は、女性(東城さん)を暴行する目的で916号室に侵入したことを既に認めていますが、逮捕のきっかけになったのは東城瑠理香さんが行方不明になった同日同時間帯にマンションの同じ階にいたのが星島容疑者だけであるということ、更に決め手となったのは星島容疑者の指紋採取の結果、東城さんの部屋に残されていた指紋と一致したことでした。星島貴徳容疑者の部屋からは東城さんのものとみられる血痕が見つかっており、既に東城さんの殺害に加えて遺体の切断を認める供述を始めているということで、僅かに残っていた女性の生存の可能性が断ち切られることになってしまいそうです。防犯カメラに被害者の女性が外部に運び出される映像が記録されていないことから、警察は初めから「マンションの内部犯行説」を強く打ち出していましたが、その読みは結果としては当たったものの女性の生命を助けることができなかったのはやはり残念でなりません。

性犯罪は、自己の性欲を一方的に満たすための卑劣な犯罪であり、女性を精神的に征服したり侮辱したいという歪んだ劣等コンプレックスが生み出す悲劇的な事件でもあるのですが、こういった理不尽な事件で精神的苦痛を受けたり生命を奪われる女性が少しでも減る社会になっていって欲しいと願います。今回の事件は本当に情状酌量の余地がないほどに残忍で許しがたい犯行であったと思いますが、この悪辣な星島容疑者が犯行後にニヤニヤとしながら平然とインタビューに答えている姿を見ると、激しい憤りを感じると同時に背筋が凍る精神の歪曲(ゆがみ)を感じます。

なぜ、ここまでの人間として許されざる非道で下劣な行為をしておきながら、翌日に何事もなかったかのようにテレビの前で意気揚々と「嘘(虚言)」を並べ立てられるのかの精神状況の分析も必要ですが……冷酷非道な凶悪犯罪者の少なからぬ人たちが、マスメディアのインタビューを進んで受けており、何とか「自分の潔白(嘘の証言)」を主張したい(捜査の対象からはずされたい)という誘惑に打ち勝てないことがあるようです。世間を出し抜いて完全犯罪を達成したことを喧伝したい「自己顕示欲」と警察の捜査から外れるだけの確かな証言をみんなの前で行いたい「自己保身欲」とが入り混じった心境なのでしょうが、女性が行方不明になっているというのに奇妙なハイテンションと不謹慎なにやけた表情が見られる辺りは怪しいといえば怪しい感じもしますね。いずれにしても、きちんと地道な捜査が実を結んで、容疑者を確保し事件の真相に迫ったことは良かったと思うのですが、もう少し早い段階で容疑者の自室に踏み込めていれば「もしかしたら助かっていたのではないか」という思いも拭い切れません。

長野市出身の東城瑠理香(とうじょうるりか)さんは、勤務している広告会社での評判も良く、英語を勉強するためにアルバイトでお金を貯めて大学に通うほどの努力家だったようで、大切に育てていた娘さんを理不尽に奪われた親御さんや姉妹の方たちの気持ちを思うとやりきれない思いに駆られます。それぞれが必死に自分の人生や人間関係と向き合って、色々な夢や希望、苦悩を持ちながら生きているという当たり前の現実への想像力を失った加害者には何とも言いようのない憤慨や侮蔑を感じますが、東城さんの安らかなご冥福をお祈りすると共にご遺族の方に少しでも早い平穏の時が来ることを願っています。

こういった突発的(あるいは計画的)な隣人の犯罪を未然に防ぐことには限界がありますが、安心して生活できるというホームセキュリティ(防犯システム)をセールスポイントにしたマンションでこういった事件が起きてしまったということは本当に憂慮すべきことだと思います。マンションやアパートの集合住宅で「隣人」のすべてを疑って生活することはとてもできませんし、大家・管理人が入居者の身元を確認するにしても限界があるわけで、この加害者も派遣会社の社員として働いており収入面・就業面では特別な問題がなかったと思われます。仕事がしっかりしているというだけでは、その本人の性格や価値観、衝動性までは判断できないのは仕方がないことですが、女性だけしか入居できないマンションなどもこれからは増えてくるのかもしれません。

関連記事

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。