--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.2303:56

絶好調のKAT-TUN、デビューCDでWミリオンか?!携帯オーディオ「SIGNEO」の幻想的なデザイン!

KAT-TUNがデビューシングル『Real Face』でミリオン越え確実か?

人気絶頂にあるジャニーズの若手アイドルグループKAT-TUNが、デビューシングル『Real Face』と『Best of KAT-TUN』を発売して既に初回100万枚を出荷し終わっている。彼らの圧倒的な売上と人気の上昇は止まらない状況にあるようで、デビューシングルの売上でKINKI-KIDSを上回る勢いだ。

KAT-TUNといえば、メインボーカルで人気の高い亀梨和也くんと赤西仁くんが反射的に思い浮かぶが、その2人以外にも、田口淳之介、田中聖、上田竜也、中丸雄一というそれぞれ個性的な魅力と持ち味を持ったメンバーが揃っている。

KAT-TUN自体は、数年前から歌番組やバラエティ番組に頻繁に出演していて、ライブや舞台への出場経験も豊富だったが、何故か、CDの販売にはなかなか踏み切らなかった。しかし、人気が最高潮に達した時点で華々しいCDデビューを飾るというジャニーズ事務所の思惑が見事に当たったようだ。

とはいえ、DVDは、CDよりも前に販売していて、デビューDVDの『お客様は神サマー Concert 55万人愛のリクエストに応えて!!』は、オリコンのDVD・総合・VHSで一位となって三冠を達成している。人気・存在感・キャラクターの魅力・歌唱力などの総合力でKAT-TUNは、現在のジャニーズの若手の中ではずば抜けた潜在的能力を持っているといえるだろう。

KAT―TUN、初回出荷100万枚 次は俺たちも世界! 王JAPANの勢いに乗って22日 一本立ち

実力はある。デビューシングル「Real Face」が初回出荷100万枚を記録した。事務所先輩のKinKi Kidsのデビュー曲「硝子の少年」(97年)に並ぶ、異例のロケットスタート。22日のデビューを前に、日の丸戦士並みの歴史を刻んだ。

実売も驚異的だ。都内の小売店では、入荷した20日夕から販売スタート。すでに3~4割を売り切った店もあるという。渋谷のレコード店には行列もできた。発売元では「購買層に40代女性が目立ち、幅広い世代から支持を集めている」と説明。“オヤジ世代”を巻き込み、185万枚を売り上げた亀梨のユニット「修二と彰」のシングル「青春アミーゴ」と同じ現象を呼んでいる。「Real―」もダブルミリオンが射程圏に入った。

世界を目指すという目標は、現実味を帯びている。日本での人気を受け、海外公演の計画も進んでいる。すでに台湾では、亀梨と赤西仁(21)が出演した日テレ系ドラマ「ごくせん」の放送をきっかけにKAT―TUNが大ブレーク。韓国でも高視聴率を記録した。欧米でも放送され、人気は海を越えて拡大中だ。

亀梨和也くんは、元々野球選手としての才能もあったようで、WBCの王監督率いるジャパンチームの優勝に興奮して喜び、自分たちも王ジャパンのように将来は世界進出を果たしたいという夢を語ったそうです。

ジャニーズは、人気のあるアーティストの年齢が比較的高い欧米圏ではさすがに活躍が難しいですが、爽やかなかっこよさや若々しい美しさといった魅力が通用するアジア圏では結構大きな人気を獲得できますから、まずは韓国や台湾といった当たりから多くのファンを獲得していくことになるのかもしれませんね。

KAT-TUNをネットで検索していたら、既に彼らの情報がウェブの百科事典Wikipediaに収載されていることを知って驚きました。彼らの名前の由来は、6人のイニシャルにあり、それを英語のcartoon(漫画)ともかけあわせていたんですね。漫画のように読んでも読んでも飽きる事のない面白さや楽しさを持っているグループといった感じなのかな。

音楽の話題ということで、新製品のデジタル音楽プレイヤーについてのニュースを一つ書いておきます。AVCテクノロジージャパンという会社が発売する「SN-A250」という商品はデザインが洗練されていてかっこいいですね。携帯プレイヤーでは、アップル社のiPodが圧倒的シェアを誇っていますが、こういった新手の商品との競争が激しくなってくると更にiPodも機能が強化されてくるかもしれません。

AVC、フロントパネルに文字が幻想的に浮かぶアクセサリ風の携帯オーディオ

AVCテクノロジージャパン(矢野間也寸志取締役COO)は、フラッシュメモリタイプの携帯オーディオ「SIGNEO」の新製品「SN-A250」を3月 25日に発売する。カラーはシルバーで、メモリ容量が256MB・512MB・1GBの3モデルを用意する。直販価格は256MBモデルが1万1800 円、512MBモデルが1万5800円、1GBモデルが1万9800円。

手のひらにすっぽり収まる幅32mm×高さ68.5mm×奥行き12.6mm、重さ約31gの小型サイズが特徴。ディスプレイには見やすい有機ELを採用。ディスプレイとの境目がなく、鏡のようなフロントパネルから文字が幻想的に浮かび上って見えるよう仕上げた。

リンク先の写真を見て分かるように、フロントパネルにLEDで文字情報を綺麗に浮かび上がらせるデザインは、正に音楽プレイヤーとアクセサリの融合した新しいタイプのデジタルプレイヤーですね。

価格もそんなに高くないので、機会があれば一度手にとってみたいと思えるプレイヤーです。うーん、昔のウォークマンと比較すると、音楽プレイヤーの技術革新は並々ならぬものがあって、次から次へと最新のテクノロジーを搭載した製品が市場に投入されてきますね。

関連記事

テーマ : KAT-TUN
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。