--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.2304:46

Googleが金融情報サイト「Google Finance」を発表!決済サービス「Gbuy」の開発で、Eコマースに影響でるか?!

インターネットで世界中の情報を整理して検索可能性を高めることを使命とするGoogleですが、今度は、株式などの金融情報を提供する「Google Finance」という新サービスを始めたようですね。

リンク:Google Finance

まだ、β版の提供にとどまっていて、日本語バージョンの「Google Finance」はでていないのですが、今までの検索技術の最適化や広告ビジネスとは違うWEBサービスなので、株の取引や為替相場をやっている人にとっては楽しみなサービスなのではないでしょうか?

グーグル、金融情報サイト「Google Finance」を発表

Google Financeには、株式公開企業や非公開企業のニュースへのリンク、選択した企業の株価情報をチェックするためのパーソナライズドエリア、検索したティッカーコードをもつ企業に関するニュースを自動表示するニュースエリア、ユーザーが調査したり取引したりしている企業をチェックするためのポートフォリオセクションがある。また、特定期間内におけるある企業のニュース数を示すチャートや企業情報、財務状況、経営陣、関連企業のほか、外部のニュースおよび財務情報へのリンクも表示される。

Google Financeではさらに、ブログへのリンクも表示されるほか、ユーザー同士でディスカッションすることもできる。ディスカッション機能では、アルゴリズムやレーティングが改善され、モデレーターが掲示板への書き込みの適合性を管理できるようになっている。

同サービスは、インドオフィスのエンジニアが金融情報の検索機能を強化することを検討するなかで考え出したと、GoogleのシニアプロダクトマネジャーKatie Stanton氏は語っている。また、ユーザーを対象した調査からも、Googleが金融情報に弱いというイメージを持たれていることが判明したことから、Googleも金融情報を強化したいと考えていた。このサービスは無償で提供される。

確かに、『金融分野(株・債券・為替・先物など)』の情報の整理も、世界中に溢れる膨大な情報を整理して検索可能にする『Googleの企業理念』に含まれるものといえるかもしれません。今までは、Googleツールバーの機能の一つとして株価表示はあったのですが、今度の「Google Finance」は株式を発行している企業の経営状況や財務諸表などの詳細な情報も検索することが出来るようになるみたいですね。

株価の変動をリアルタイムで効率的に追いかけられるだけでなく、企業の経営陣に関するニュースや株式市場の動向に関する情報なども手軽に手に入れられるようになるので、株取引や為替取引をする際には是非利用してみたいサービスになるかもしれません。

更に、Googleは、金融関連の総合情報サービスだけでなく、「Gbuy」という小額決済(料金支払い)のWEBサービスの開発も進めているということです。これはGoogleのプラットフォームとして開発されている「Google Base」と結びつくサービスでもあり、個人や法人のウェブショッピング(EC)事業を強力に支援するものとなりそうです。

この「Gbuy」のサービスは、アメリカの大手オークションサイト「eBay」の取引や決済サービスで手数料を得るビジネスをしている「PayPal」の仕事と衝突するものになりそうです。インターネットで何か商品を販売したり、料金を徴収する場合には便利で使いやすいだけでなく、手数料の安い「決済サービス」が必要になりますから、Googleの「Gbuy」によって決済サービスのシェア争いが激しくなっていくでしょうね。

グーグルがテストを進める「Gbuy」とは?

The Wall Street Journal(WSJ)紙は米国時間16日、匿名の情報筋の話として、Googleが支払いサービス「Gbuy」をテストするために昨年からオンライン小売業者を募り始めていると報じた。同記事によると、GBuyは「Google Base」とは別に運営されているという。Google Baseは昨年11月より開始された個人および企業向けの案内広告サービスだ。

(中略)

また、Financial Times紙は15日、Google Baseが欧州で従来の(物理的な店舗を構える)小売業者にオンラインのプラットフォームを提供しようとしていると報じていた。

Googleの開発者や研究者が続々と無料で繰り出してくる画期的で質の高いWEBサービスは、既存の有料のサービス業者のビジネスを揺るがします。GoogleはSNS(ソーシャル・ネットワークサービス)にも関心を示しているようで、スポーツメーカのナイキと共同で「Joga.com」という「サッカーファン向けSNS」を立ち上げるようです。

関連記事

テーマ : インターネット
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。