--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.2716:49

宇宙基本法の施行を受けて、内閣府が「宇宙局」設置へ!消費者庁新設の予算は182億円、国交省のネットCMにエド・はるみが出演!

宇宙基本法の施行を受けて、内閣府が「宇宙局」設置へ!

「宇宙開発競争」というと、冷戦時代にアメリカとソ連が争って宇宙ロケットを打ち上げ、「月面到着・宇宙探査」を目指していたことが思い出されますが、最近はアメリカと中国の軍事目的の宇宙開発が目だっています。20世紀半ばまでは、地球の大気圏を飛び出して宇宙を探索するというのは「人類の夢」でもありましたが、アメリカのスペースシャトル計画などによって得られた利益や知見がそれほど人類の生活や未来に役立っているというわけではない面もあります。ソ連の有人宇宙飛行やアメリカの月面到着以降は、宇宙科学や太陽系の惑星探査が進んだこともあり、莫大な予算(お金)がかかる割には「得られる利益」は少ないという問題もありますが、最近はミサイル防衛など軍事的観点からの宇宙利用が進んでいる事情があります。

今後も、宇宙探査や宇宙開発が進んだとしても、地球の人類が他の惑星や太陽系外部の惑星に植民するような決定的な変化はないと思いますが、当面は軍事・国防・ミサイル防衛技術などの面で宇宙利用が行われることになりそうです。日本も「防衛目的の宇宙利用」を解禁する「宇宙基本法」という法律を8月27日に施行しており、宇宙空間や他の惑星にしかない資源の活用や産業振興なども計画しているようですが、宇宙開発を軍事技術の応用や富裕層の宇宙旅行、レアメタルなどの発見以外の目的に使える可能性は低いように感じます。

政府は内閣官房に「宇宙開発戦略本部事務局」を設置して一定の予算を組み、宇宙開発戦略の骨格を示す「宇宙基本計画」の策定をする本格的な作業に入ったということですが、実際の予算に見合う国益や国民の利用可能性というものをしっかり見据えていって欲しいです。とはいえ、宇宙開発や宇宙探査というのは想像力を刺激するエキサイティングな科学的冒険としての側面もあるので、「宇宙に対する夢・科学的な探究心」を完全に捨てることなく宇宙の研究や探査というのは続けていって欲しい気もして複雑ですね。いつか遠い未来で、地球外の惑星や太陽系外の宇宙空間に人類が進出できる日がくるのかといったSF的な夢は誰もが抱いたことがあると思うのですが、現実は戦争の抑止力やミサイル防衛といったシビアな目的に利用されることになるのでしょうね。政府は1年後をメドにして、内閣府に「宇宙局」(仮称)を設けて関連施策の推進体制を強化するということですが、「宇宙局」という行政部署が新たに増えるというのは財政支出削減の目的からはどうかというのもあります。

消費者庁新設の予算は182億円、国交省のネットCMにエド・はるみが出演!

内閣府に宇宙局が増設される予定というニュースを上で取り上げましたが、内閣府は27日午前に、自民党内閣部会に2009年度予算の概算要求内容を報告し、「消費者庁関連の予算」として182億円を申請していますね。この消費者庁というのは、ブランド牛肉や名産のお菓子、輸入野菜など相次ぐ食品偽装事件を受けて設置が決定されたものですが、「消費者の利益保護・食の安全確保」を理由にして新たな官庁の権益や規制強化の流れが生まれたというマイナスの側面もあります。いったん設置された省庁と予算はよほどのことがない限り廃止されることがありませんが、輸入食品の安全検査体制をどこまで強化するのか、国内の食品の産地表示・ブランド認定などをどこまで詳しくチェックするのかなど実効性のある低コストな対策を立てていって欲しいと思います。

消費者庁の職員が208名というのはそれほど多くは無い気がしますが、地方の消費者行政充実のために新設する交付金に79億円、消費者行政関連の法律移管に伴う事業に45億円がかかり、そこに人件費が加わってくるので必ずしも少ない財政支出ではありませんね。「グ~!」のギャグで人気を得ているお笑い芸人のエド・はるみさんが、国土交通省のネットCMに登場しているということですが、省庁の広報コンテンツにどれくらいのアクセスがあるのかは分かりませんが、省庁もネットにCMを出しているというのは面白いです。

エド・はるみが宣伝役を引き受けているのは、「自動車点検整備推進運動」のキャンペーンということですが、夫に車の点検を進める妻役をしており、「車の日常点検は『いんぽぉーたんと!』」などコミカルなコメントで車の日常点検の重要性をアピールしているということです。最近の車は性能と耐久性が格段にアップしているので、毎日点検しなくても故障することはめったにないのですが、インパネの表示でバッテリーの状態は確認できますし、オイルも3ヶ月に1回くらいは自分の目でチェックしたほうがいいですね。とはいえ、ガソリンスタンドでタイヤの空気圧やエンジンオイルもチェックしてもらえるので、自分で点検するのが面倒という人はスタンドで点検してもらうというのも良いと思います。タイヤの空気は3ヶ月~半年に一回くらいはきちんと圧力を測って入れたほうが安全です。

関連記事

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。