--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.2718:57

YouTubeが楽しめるプレミアムモデル「VIERA」が登場!VIERAに世界最大103V型プラズマテレビが登場!

YouTubeが楽しめるプレミアムモデル「VIERA」が登場!

パナソニックが8月26日、プラズマテレビ「VIERA」シリーズのプレミアムモデルで、録画用の1TバイトHDDを内蔵した「PZR900シリーズ」の3機種を発表しました。42V型、46V型、50V型の3製品が9月10日から順次発売されるということですが、インターネットで「YouTube」も楽しめる最上位のラインナップになります。普段、パソコンでYouTubeの動画コンテンツを閲覧することが多いという人は、VIERAの大画面でYouTubeを楽しめるようになるわけですが、最上位モデルなので価格設定は若干高めであり、TH-42PZR900の42V型で42万円前後、TH-46PZR900の46V型で48万円前後、TH-50PZR900の50V型で54万円前後となっています。

VIERAのPZR900シリーズでは、一枚ガラスフォルムの“フルグラスフェイス”デザインが採用されており、カラーリマスター回路が“ハリウッドカラーリマスター”に変わって色表現技術が格段に向上しているということです。「らくらくアイコン」と呼ばれる新ユーザーインタフェースが採用されており、リモコンの「ビエラメニュー」ボタンを押せばすぐにアイコンから色々な機能を利用することができます。「テレビでネット」「おまかせニュース」「お好み録画一覧」「おすすめ一覧」「番組ナビ」「メニュー」の6つのアイコンが画面上に表示されますが、「テレビでネット」を選ぶと、「アクトビラ ビデオ・フル」や「YouTube」を利用できるわけです。しかし、VIERAでインターネット機能を利用するには専用のソフトウェアのダウンロードが必要であり、YouTubeは2008年9月30日から対応する予定になっています。

液晶テレビやプラズマテレビではテレビ本体のHDDに録画できるタイプが増えていますが、VIERAのプレミアムモデルでは、3モデルすべてに1TバイトHDDが搭載されているので、BSデジタルハイビジョン放送で最大86時間の録画が可能になっています。毎日いくつもの番組やニュースを録画して一気に楽しみたいというようなユーザにもぴったりのプラズマテレビですが、最上位モデルなので値段との相談が必要になってきますね。

VIERAに世界最大103V型プラズマテレビが登場!

一般の家庭で買う人はまずいないでしょうが、世界最大となる103V型のプラズマテレビ、「新・ヒューマンビエラ TH-103PZ800」が発表されました。プラズマテレビとしては世界最大の大きさで全てが受注生産の受付けとなりますが、ディスプレイのサイズが「226.9(横)×127.7(縦)センチ(対角260.4センチ)」という大きさになるので、テレビを置く部屋を下見してから注文の受付が決定されるようです。つまり、テレビを持ち運ぶときに通る「部屋の入り口」が狭かったり、「テレビの設置場所の面積」が小さかったりする場合には、注文を受け付けられないこともあるということですが、基本的に豪邸・高級マンションでなければ部屋に置けないのではないかと思われます。

映画を見るときなどには臨場感のある映像が楽しめて良さそうですが、103型まで大きくなると普段ちょっとしたニュースを見るときなどには目と首が疲れてしまいそうですね。実売予想価格のほうも560万円程度とほとんど高級車に匹敵するレベルの価格設定になっています。セレブなライフスタイルの装置としての意味合いはあると思いますが、日本の住宅事情の中でどういった人がここまで大画面のプラズマテレビを購入しようと思うのかというほうに興味が向きます。

関連記事

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。