--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09.1414:09

松下電器が世界最小デジタル一眼『LUMIX DMC-G1』を発売!RIMが折りたたみ式スマートフォン「BlackBerry Pearl Flip 8220」を発売!

松下電器が世界最小デジタル一眼『LUMIX DMC-G1』を発売!

最近のデジカメ市場では、コンパクトでスタイリッシュなデジカメと高品質で価格の高い一眼レフのデジカメの二極化が進んでいます。ケータイに付属しているデジカメの機能もかなり上がってきていますが、やはり本格的に綺麗な写真を楽しみたいというユーザは単品でデジカメを購入するケースが多くなっています。特に、解像度の高い綺麗な写真の取れる一眼レフデジカメの価格が下がってきているため、比較的所得の高い中年世代に一眼レフのデジカメがよく売れるようになっているといいます。以前は数十万円した一眼レフデジカメが、今では10万円ちょっとで買えるようになってきていますし、これから販売される一眼レフは10万円を切ってくるのではないかと言われています。

松下電器はオリンパスと共同開発で、「高さ83.6mm×幅124mm×奥行き45.2mm、重量約385g(本体のみ)」という世界最小、最軽量の小型ボディを持つ一眼レフデジカメの「LUMIX DMC-G1」を10月31日に発売します。このLUMIX DMC-G1はサイズが小さくて重さが軽いという特徴を持っていますが、このサイズの縮小化はミラーレス構造のマイクロフォーサーズシステムを採用したことで可能になったようです。従来の一眼レフはカラーバリエーションが乏しかったのですが、このLUMIX DMC-G1はコンフォートブラック、コンフォートレッド、コンフォートブルーの3色からセレクトすることができて外観のデザインもかなりおしゃれな感じに仕上がっています。

撮像素子には、4/3型1306万画素(有効画素数は1210万画素)Live MOSセンサを採用しており、相当にクオリティの高い精細な写真を撮影することが可能で、一般的なデジカメとは比較にならない性能を持っています。コンパクトデジタルカメラ「LUMIX」のほうにも採用されている『おまかせiA』の機能がついているので、暗い室内や逆光などの悪条件にあってもカメラが自動でシーンを判別して「明るさの補正」をしてくれます。以前はプロ専用というイメージの強かった一眼レフカメラの最大の弱点は、「性能が凄いのは分かっているんだけど、使いこなすのが難しそう。取扱説明書を読むのが面倒くさい」というものでしたが、最近開発されているデジカメの一眼レフは、素人でもプロ並みの写真を簡単に撮れるような自動化された撮影機能がいろいろと付いているので便利ですね。

実際の撮影スタイルは、液晶画面を見ながら撮影できる『ライブビュー』とファインダーの2方式があり、液晶画面を見ながら撮ってもいいしファインダーを覗いて普通のカメラのように撮ってもいいということになります。LUMIX DMC-G1は、ファインダー部分にも144万ドット相当の高精細ライブビューファインダー「LVF」を採用しているということなので、更に使い勝手が良くなりそうです。「アイセンサー」内蔵で液晶とファインダーの切り替えもスムーズに行うことができ、SDHC、SDカード、マルチメディアカードの3メディアに対応しているのでいろいろなメディアで写真情報を保存することが可能です。パナソニックの薄型テレビ「VIERA」とビエラリンクで接続することもでき、テレビのリモコンで一眼レフの写真を鑑賞して切り換えることができます。

価格が気になるところですが、10月31日にオープン価格で発売予定となっているものの、ボディ「DMC-G1」だけの店頭想定価格は8万円前後で、14~45mm(35mm判換算で28~90mm)の「LUMIX G VARIO 14~45mm」レンズがセットになったレンズキット「DMC-G1K」は店頭想定価格が9万円前後になります。普通に考えてほとんどの人はレンズを初めは持っていませんから、一番安いレンズキットのモデルで9万円台のDMC-G1Kを買うことになりそうですね。45~200mm(35mm判換算で 90~200mm)の「LUMIX G VARIO 45~200mm」レンズがセットになったダブルズームレンズキット「DMC-G1W」も店頭想定価格12万5000円前後で発売される見込みになっています。

RIMが折りたたみ式スマートフォン「BlackBerry Pearl Flip 8220」を発売!

使いやすい入力デバイスを備えてインターネット利用に特化したケータイのことを「スマートフォン」といいますが、NTTドコモではResearch In Motion(RIM)のBlackBerry(ブラックベリー)を、ソフトバンクではAppleのiPhoneをスマートフォンとして販売しています。BlackBerryは北米を中心にして世界でもっとも使われているスマートフォンですが、今までストレート方式でキーボードがついていたBlackBerryを、今度は折りたたみ式で開発したようです。折りたたみ式のBlackBerryの名称は「BlackBerry Pearl Flip 8220」といい、今年の秋から全世界で販売がスタートします。

一般的な折りたたみのケータイのようにスマートフォンを使えるというのは嬉しいことですが、全世界で今秋発売ということなので、日本のNTTドコモでも間もなく「BlackBerry Pearl Flip 8220」を購入可能になるのかもしれませんね。スマートフォンは一般的に個人利用よりもIT系や外資系の法人需要が多いケータイだとされていますが、最近はiPhoneの登場で個人需要も少しずつ増えているそうで、やはりインターネットが使いやすいというのがスマートフォンの最大の魅力になっています。BlackBerry Pearl Flip 8220のサイズは3.9×1.9×0.7インチ(約9.9×4.8×1.8センチ)、重さは3.6オンス(約102グラム)となります。

パソコンと同じ配列のQWERTYキーボード、240×320ピクセルのカラー液晶、200万画素のカメラ、microSDカードスロットを搭載しており、基本的なケータイの機能もしっかりカバーしていますね。背面のカラー液晶によって、メールの着信やテキストメッセージなどを確認することができ、EDGEとWi-Fiに対応しているのでどこでもインターネットにアクセスしやすくなっています。将来的にはスマートフォン市場は今よりもかなり大きくなると見込まれており、今までスマートフォンを出していなかったauも日立のスマートフォン「E30HT」を投入する予定になっています。デザインがまだまだ一般のケータイよりも優れないので、今すぐにバカ売れする可能性は低いですが、もう少しデザインが一般受けするかたちになってくれば、モバイル利用の急増を受けてスマートフォンが一般的なケータイとして使われる日も遠くないかもしれません。

関連記事

テーマ : デジカメ
ジャンル : 写真

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。