--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12.1923:44

NTTドコモが2008年秋冬モデルの「P-03A」「SH-02A」「L-01A」を12月25日から発売

NTTドコモが2008年秋冬モデルの「P-03A」「SH-02A」「L-01A」を12月25日から発売

NTTドコモの新型ケータイ(秋冬モデル)は「スタイル」「プライム」「スマート」「プロ」の4つのシリーズに分かれて、より幅広いユーザのニーズやデザインの好みに対応するようになっています。「スタイル・シリーズ」は洗練されたデザインと多様なライフスタイルへの対応が特徴であり、「プライム・シリーズ」は充実したフル機能の搭載と各メーカーのフラッグシップ(主力の旗艦商品)が特徴になっています。よりビジネス向けのシンプルケータイに特化したシリーズとして「スマート・シリーズ」がありますが、キーボード搭載のスマートフォン(インターネット利用に特化したケータイ)のラインナップを準備した「プロ・シリーズ」もなかなか面白いですね。

NTTドコモは19日に、スタイル・シリーズの新製品「P-03A」(パナソニック モバイルコミュニケーションズ製)「SH-02A」(シャープ製)とプライムシリーズの新製品「L-01A」(LG Electronics製)を発売すると発表しましたが、実際の販売は12月25、26日にスタートするということです。それぞれの新機種のデザインと機能・特徴を簡単に説明すると以下のようになりますが、個人的には今まで折りたたみ式のデザインの端末が多かったので、LG製の「L‐01A」のデザインとタッチパネルのUIに新規性を感じます。

パナソニックモバイルコミュニケーションズ製の「P-03A」は、Wオープンスタイルを採用した「VIERAケータイ」で、高画質のワンセグに対応しておりワンプッシュオープンでケータイを開くことができます。Wオープンスタイルというのは、普通の折りたたみ端末としても使えるのですが、折りたたんだ状態から横に開いて横長画面でワンセグの映像を見たりすることができます。「P」はNTTドコモでもっとも人気の高い端末のひとつですが、約3.0インチのフルワイドQVGAサイズのTFT液晶ディスプレイを採用した「P‐03A」は、6軸手ブレ補正・顔認識オートフォーカスなどの機能を持つ約320万画素CMOSカメラも備えています。

背面にも約0.9インチの有機ELサブディスプレイがついており、大小4つのイルミネーションで情報を表示することができ、プライベートウィンドウと連動して色々な色で光らせることができます。主な対応機能・サービスは、iコンシェル、FOMAハイスピード(下り最大7.2Mbps)、ワンセグ、Music&Videoチャネル、デコメアニメ、WORLD WING(3Gのみ)、おサイフケータイなどになっています。非対応になっているのは、iウィジェットやiアプリオンライン、Bluetooth、GPS、プッシュトークです。16GBまでのmicroSDHCカードを使うことができ、写真・音楽・動画などをmicroSDHCカードに保存することができます。大きさは108×49×14.7mm(最厚部16.5mm)、重さは115g、カラーは「ホワイト・ブラック・ピンク」です。連続待受時間は約640時間、連続通話時間は約200分になっています。

シャープ製の「SH-02A」は「薄さ13.9mm」の折りたたみ型端末ですが、良い意味でもっともスタンダードで使いやすい機種だと思います。今まで通り、自然な操作感覚で最新のケータイの機能を使いこなしたいというユーザ、カラフルな色の中から自分好みの色をチョイスしたいというユーザには有力な選択肢になりそうです。ボディカラーは、Lime Green、Ice White、Universal Black、Cherry Blossom、Metal Silver、Sky Blue、Berry Pink、Wood Brownの8色展開になっていて、自分の趣味や感性、スタイルにフィットしたカラーを選びやすくなっています。僕は「Berry Pink」と「Wood Brown」の二色が珍しくてクールな色だなと感じましたが、それ以外の色も魅力的なものが多く準備されています。

主な対応機能・サービスは、FOMAハイスピード(下り最大3.6Mbps)Music&Videoチャネル、ワンセグ、デコメアニメ、GPS、 WORLD WING(3Gのみ)、おサイフケータイなどとなっています。非対応の機能は、新サービスのiコンシェル、iウィジェット、iアプリオンライン、Bluetoothなどです。大きさは108×49×13.9mm、重さは107g、カラーは上記のカラフルな8色展開。連続待受時間は約570時間、連続通話時間は約220分です。

LGエレクトロニクス・ジャパン製の「L-01A」は、タッチパネルディスプレイを搭載したスライド型端末でキアヌ・リーブス主演の映画「世界が静止するとき」ともコラボしています。この端末の最大の特徴は、ディスプレイにタッチパネルを搭載している点であり、一部の機能はiPhoneのように指のタッチで操作することができるみたいです。ディスプレイは2.8インチでやや小さめですが、ワイドQVGA(240×400)の解像度を持っていてワンセグを視聴することもできます。タッチパネルの表面は物理的な衝撃で傷が付きにくい「強化ガラス」が用いられています。メタリックな素材を使ったソリッドな印象が強いデザインですが、ビジネスシーンなどにも上手くフィットしてくれそうな雰囲気がありますね。

主な対応サービス・機能は、FOMAハイスピード(下り最大 7.2Mbps)、ワンセグ、フルブラウザ、ドキュメントビューアーなどになります。非対応の機能は、iコンシェルやiウィジェット、おサイフケータイ、GPS、メガアプリ、 WMA、GPS、Bluetoothなどになり、おサイフケータイが使えないのはちょっとマイナスですね。デジカメのほうは、顔検出オートフォーカス・手ブレ補正に対応した高画質の510万画素CMOSカメラを搭載しています。大きさは110×52×15.7mm、重さは140g、カラーはCarbon Black、Shining White、Platinum Pinkになっています。連続通話は200分で連続待受は300時間です。

関連記事

テーマ : NTT DoCoMo
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。