--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.2411:57

ウィルコムがバウムクーヘンをモチーフにしたストレート端末「BAUM(バウム)」を3月に発売!ウィルコムが新料金プランを採用、パケット定額制が申し込みの必要なしに!

ウィルコムがバウムクーヘンをモチーフにしたストレート端末「BAUM(バウム)」を3月に発売!

ウィルコムが3月に、「Honey Bee2」と似た雰囲気のストレート端末「BAUM(バウム)」を発売すると発表していますが、折りたたみ携帯かスライド式携帯が多い現在ではストレートタイプのほうが個性的になっていますね。ウィルコムの最大の魅力は、ウィルコム同士であれば電話もメールも無料(定額)ということですが、最近は端末のデザインもユニークなものが増えています。京セラ製のストレート端末であるBAUMは型番がWX341Kとなりますが、この端末には他のケータイキャリアの端末と同じように「おサイフケータイ」の機能が搭載されます。

「BAUM」は、2.4インチワイドのQVGA液晶搭載でワンセグはついていませんが、サイズは45×127×11.4mm のスリムな薄型ストレートモデルとなっています。洋菓子のバウムクーヘンをモチーフとしてデザインされた端末ということから「BAUM」という愛称がついていますが、キーデザインにもこだわっていておしゃれで個性的な「エンボス仕上げ(少しキーの部分が盛り上がっています)」で仕上げられています。2メガピクセルのデジカメも搭載しており、ウィルコムの最新機能の多くをカバーしているので、ウィルコムのPHS端末をこれから買いたいという人にはおすすめの機種です。これでワンセグ搭載があれば、文句のない充実機能だったのですが……赤外線通信によるメルアド・電話番号の転送には対応しています。

ストレートじゃなくてスタンダードな折りたたみのほうが好きという人には、同じおサイフケータイの機能を搭載した京セラの「WX340K」もなかなかシンプルなデザインでいいですね。カラーには、レッド・ホワイト・ブラックがあって、一般的な携帯端末にもよく見られる表面の光沢仕様にはかなり高級感があります。

ウィルコムが新料金プランを採用、パケット定額制が申し込みの必要なしに!

ウィルコムの料金プランが2月5日から新しくなるそうです。「新ウィルコム定額プラン」では月額基本使用料2,900円で、ウィルコム同士なら電話もメールも無料というのは今まで通りですが、パケット通信料に関しては「パケット定額制」の申し込みが不要になり「0円~2,800円」の定額制が自動的に採用されます。つまり、他のケータイキャリアのようにパケットを使わなくても基本料の1,000円程度が取られることがなくなり、使わなければ0円になるわけです。インターネットを使いたければいくら使っても2,800円にしかならないのでこれは便利ですね。今まで別料金だったデータ通信のパケット通信料もこの2,800円の中に含まれるのでいいですね。

基本的には法人向けとされている「新トリプルプラン」では3回線以上ウィルコムの回線を契約すると、基本料金が1,900円になります。しかし、このトリプルプランではソフトバンクと同じように21時~1時までの電話料金が「10円/30秒」になってしまいますので注意してください。 「新通話パック」という専用オプションサービスを使うと、月額1,050円で2,100円分の無料通話分がついてきますので、「電話料金が有料」となる他のキャリアに電話をかける人は使ってみてはどうでしょうか。

関連記事

テーマ : WILLCOM
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。