--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.2412:49

プロによる写真修正サービス「Tucia」は1枚8ドル!ブリタニカ百科事典オンライン版でユーザー投稿が可能に!

プロによる写真修正サービス「Tucia」は1枚8ドル!

履歴書やウェブサイトのプロフィールなどに「見栄えの良い自分の写真」を貼り付けたいと思う人は多いと思いますが、最近はPhotoshopなどを使って自分の写真を加工したり修正する人も少なく無いようです。自分でもある程度の修正はできますが、もっと綺麗に満足のいく修正をしたいという人の場合には、プロのエディターに依頼してみるというのも一つの方法です。便利なウェブサービスを紹介してくれる「百式(http://www.100shiki.com/)」のサイトで、「Tucia(http://www.tucia.com/)」という写真修正サービスが紹介されていました。

1枚の写真修正が8ドルからの料金で利用できて、24時間で納品してくれるという便利なサービスですが、24時間という納期はかなり早いので複数のデザイナーがいるんでしょうね。修正された写真に満足ができなければ、何度でもやり直しを依頼できるということでアフターサービスのほうも充実しているようですが、修正する箇所の「細かな注文」をする場合には追加料金が必要になるケースもあるようです。日本円で支払いすることができないみたいなので、こういったサービスの日本版が登場してくると面白いですね。自分の写真を芸能人だけでなく素人が加工し始めたというのもインターネット時代の特徴だなと思いますが、企業の採用面接の書類選好でも写真の第一印象は結構重要ですから、綺麗に写っている写真が欲しいというニーズは分かります。

ブリタニカ百科事典オンライン版でユーザー投稿が可能に!

ユーザーが記事を書いたり修正したりできるオンライン百科事典として最も有名なのは「Wikipedia」ですが、紙の百科事典として最も権威があるとされているブリタニカ百科事典もオンライン版のユーザ参加機能に力を入れ始めたようです。インターネットが登場する以前は「百科事典」といえば、特定分野の専門家や有識者が各項目の解説を書くのが普通でしたが、現在では公的な権威を持つ専門家でなくても「一定レベル以上の知識」を持っていればオンライン版百科事典の作成編集に携わることができるようになっています。

以前は、「十分な知識・理解」があるといっても専門家ではないアマチュアが書いた百科事典には信頼性・客観性が無いという批判がありましたが、最近は多くの人が「書き込みの間違い・偏り」を修正しながらオンライン版百科事典のアップデートを繰り返しています。この間違ったところがあれば即座にアップデートできるというのは、「オンライン版百科事典の長所・メリット」だと思いますが、ブリタニカ百科事典オンライン版でも読者が百科事典の内容について改変案を提出できて、承認されると提案した内容が掲載されるという仕組みを作っているようです。

もし、自分が作成した記事の改変案が通れば、ブリタニカ百科事典オンライン版(http://www.britannica.com/)に「自分の名前」も掲載されるそうなので、ブリタニカに自分が作成・改変した内容と署名を残したいという意欲と知識、そして英語力がある方は挑戦してみてはどうでしょうか。

関連記事

テーマ : インターネットサービス
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。