--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.2908:42

簿記の基礎知識5:『負債・資本』と決算書における『当期純利益』

資産である債権とは『将来受け取ることのできる利益』のことですが、資金調達源泉の一つ『負債』『将来支払わなければならない債務』のことを意味します。

正の財産価値を持つ資産に対して、負債はその名前の通り、負の財産価値を持つものですが、負債で資金を集めるのは、利益のもとになる商品の仕入れや土地建物への投資を行うためです。

そのため、負債があるからといってビジネスがうまくいっていないという事は意味しないし、負債の支払い以上の利益を毎月上げていれば経営成績はよくなってきます。また、ある程度、事業規模が大きくなってくると、事業を展開する資金が莫大になってくるため、負債が全くない企業はまずありません。

負債の分類項目には、主に以下のようなものがあります。

負債の分類

1.支払手形……購入した商品などの代金を支払うために、振り出した手形の金額です。将来、決済用の当座預金通帳からその金額が引き落とされます。

2.買掛金……債権の売掛金に対して、債務の買掛金があります。将来、支払うことを約束している『未払いの購入代金』のことです。

3.借入金……金融機関などから借り入れていて、支払い期日に返済しなければならない債務です。

4.預り金……従業員の給与から源泉徴収(天引き)して預っている所得税や社会保険料などのことです。翌月にこの預り金は、国や官庁、地方公共団体など然るべき場所に納付しなければなりません。

5.未払い金……商品の仕入れ以外のものを購入して、まだ支払いが終わっていないものの金額です。

負債に対する資本とは、返済しなくて良いお金のことで、『出資金』と『当期純利益』のことです。法人(株式会社・有限会社・合名会社・合資会社)などの場合には、株主や出資者が出した『返済の義務のない出資金』のことを意味します。個人事業者の場合には、自分自身の売上金で用意した『返済の義務のない元入れ』のことです。

『資本』は、企業が所有している財産価値である『資産』から、将来、支払わなければならない債務である『負債』を引いたもので表されます。負債のほうが資産よりも大きければ、資本はマイナスになってしまいますが、資産のほうが大きければ資本はプラスになります。資本は、その企業がもっている純粋な財産ということになり、『正味の財産額』として定義することが出来ます。

資本は、将来、そのビジネスを継続していく為の元手になるだけでなく、そのビジネスの事業規模を拡大したり、他分野の新規事業に乗り出す場合の原資になります。企業に資本がないと、現在行っているビジネスを継続していくことが不可能な事態(経営破綻)に陥ることとなります。資本の仕訳はなかなか複雑ですが、その勘定科目には『資本金・資本準備金・利益準備金』などがあります。

ここまでの記事で、損益計算書(P/L)と貸借対照表(B/S)の基礎について書いてきましたが、損益計算書と貸借対照表は同じ経済活動を、収益と費用の観点から見るか、資産と負債・資本の観点から見るかの違いに過ぎません。

その為、損益計算書と貸借対照表によって算出される『当期純利益』は決算日の末日に必ず一致していなければならないのです。これは、『同じ経済活動』を異なる観点から記録した2つの決算書の結果が一致していなければならないという当たり前の状況を意味しています。

損益計算書では『収益-費用=当期純利益』、貸借対照表では『期末資本-期首資本=当期純利益』となり、この金額は必ず一致します。ですから、2つの帳簿を比較した場合に、この金額が一致しなければ簿記のどこかにミスがあるということになるのです。

最後に、簿記の記入場所をもう一度確認しておきます。損益計算書は『費用と当期純利益(左)・収益(右)』『資産(左)・負債(右上)資本(期末資本には当期純利益が含まれる:右下)』です。

関連記事

テーマ : マネー・貯金
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。