--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.0912:57

広末涼子が松本清張原作の映画「ゼロの焦点」で主演!鈴木亜美が渋谷AXでバースデーライブ!

広末涼子が松本清張原作の映画「ゼロの焦点」で主演!

昭和のミステリー作家の大御所・松本清張が書いた歴史的傑作『ゼロの焦点』が、犬童一心監督の手により再び映画化されることが決まりました。48年ぶりに『ゼロの焦点』が映画のスクリーンに蘇るということですが、主演を務めるのは広末涼子(28)です。原作は、昭和30年代前半の北陸を舞台に設定しており、高度経済成長の「豊かさ」と「貧しさ」が混在する世相の中で波乱の人生を送ることになる『3人の女性』の人生に焦点を当てた社会派サスペンスの作品になっています。

1961年に松竹映画で制作された『ゼロの焦点』は『サスペンス映画の巨匠』と称された知られた故・野村芳太郎監督の手によって作られましたが、今回、犬童監督がメガホンをとる映画『ゼロの焦点』は東宝の2009年度の主要ラインナップの一作になります。主演の広末涼子は、新婚後まもなく夫が行方不明になった禎子の役を務めますが、夫の失踪の謎を追いかけて石川県・金沢に辿り付くとさまざまなトラブルに巻き込まれていきます。

『ゼロの焦点』の主役となる3人の女性を演じるのは、広末涼子(28)、中谷美紀(33)、木村多江(37)の豪華女優陣であり、それぞれが時代の波風に翻弄される背景・事情を抱えているのですね。中谷美紀は暗い情念を抱えながら優雅に暮らす社長夫人・佐和子の役を務め、木村多江は佐和子の夫が経営する会社の受付嬢・久子の役を演じています。広末涼子は映画「おくりびと」が今年度のアカデミー賞外国語映画賞部門にノミネートされており、彼女の演技が欧米でも評判を呼びそうですが、『ゼロの焦点』では女優としてどのような成長を見せてくれるのでしょうか?

鈴木亜美が渋谷AXでバースデーライブ!

鈴木亜美(27)は、TBSの昼ドラマ「ラブレター」で幼馴染みと悲しい恋をする耳の聴こえない聴覚障害の女性の役を演じていて、女優としての活躍の場も広げていますが、歌手としてもライブを行ったようです。2月8日に、ミニスカートのドレスを着てガーターベルトで網タイツを留めたセクシーな衣装で決めた鈴木亜美が東京・渋谷AXでバースデーライブを開催したそうです。ライブは9日未明の誕生日まで続けられ、約600人のファンの人たちと一緒に誕生日を迎えることになったということです。

今年でデビュー10周年に早くもなるそうですが、ヒット曲「BE TOGETHER」や新曲「Reincarnation」(2月25日日発売)など21曲を歌った後に、プライベートについても言及して「好きな人がいます」と衝撃の告白もしたみたいですね。相手については当然教えてくれなかったということですが、アイドル時代には考えられなかった告白も、27歳という大人の女性の年齢になったからこそ気楽にできるようになったのかもしれません。同じ芸能界にいる相手なのか、芸能界以外の業界・職業の人なのか、鈴木亜美の相手も気になるところです。

関連記事

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。