--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.1402:07

小池徹平が、新作映画でブラック会社に勤める「元ニート社員」を演じる!浜崎あゆみがさいたまスーパーアリーナで全国ツアーをスタートさせる!

小池徹平が、新作映画でブラック会社に勤める「元ニート社員」を演じる!

お笑いコンビ麒麟・田村裕の同名ベストセラーを映画化した『ホームレス中学生』では、ホームレスになった中学生の役を熱演した小池徹平ですが、最近は映画への出演機会が大幅に増えてきていますね。小池徹平は『ラブ☆コン』や『KIDS』といった映画でも、女性に人気のある童顔を生かしてカジュアルで愛嬌のある青年の役をしていましたが、今度の新作『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』では、ニートからブラック企業(劣悪な労働環境・違法な処遇を強いる企業)に就職した会社員の役を演じるということです。

「キサラギ」の佐藤祐市が監督を務める『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』の元ネタは、インターネットの匿名掲示板“2ちゃんねる(2ch)”に書き込まれた元ニートのエピソードということで、『(ネットに書かれていることを信じる限りにおいて)実話』といった感じのストーリーに仕上がっているみたいです。『ブラック会社(ブラック企業)』というのは普段の生活ではあまり聴くことのないキーワードですが、ネットでは割合よく使われている言葉で『過酷な長時間労働(罵声や暴力)・違法な営業活動・大幅な給与のピンはねなど、労働基準法に違反している可能性が高い労働条件を強いてくる会社』といった意味で、精神的・金銭的負担が大きい『ブラック会社』にまともな精神状態で長く勤め続けられる人はほとんどいないと言われます。

小池徹平が主演する『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』は、労働意欲を失っていた一人のニートの青年が厳しい現実社会に飛び出して働き始めるといった粗筋になっています。“ブラック会社”に就職してしまったために、精神的・経済的に追い詰められていく元ニートの青年を小池徹平が俳優としてどのくらいリアルに演じるのかが一つの見所になりますが、『厳しい環境から抜け出そうと必死に頑張る青年の姿』というのがテーマになってくるのでしょうね。

主演の小池徹平は『ニートから社会に出て働いて成長していくという、少し変わったサラリーマン役なので、難しい役だとは思いますが、体当たりでぶつかっていこうと思っています。脚本もとてもおもしろくて、笑う部分も沢山あり、佐藤監督の演出も楽しみにしてます』とコメントを出しています。ニートの状態から現実社会で働くために一歩を踏み出すだけでも大変な気力が必要だと思いますが、今まで普通のまともな会社にも勤めていなかった青年が、ブラック企業で過酷で違法な労働条件を押し付けられて、どうやってその状況を克服していくのかが気になります。

浜崎あゆみがさいたまスーパーアリーナで全国ツアーをスタートさせる!

数々のヒットソングを送り出してきて、今でも根強いファンを多く抱えている人気歌手・浜崎あゆみ(30)が4月11日、12日の両日に、さいたまスーパーアリーナで公演を行ったということです。このさいたまスーパーアリーナのライブによって、全国ツアー『ayumi hamasaki ARENA TOUR 2009~NEXT LEVEL~』がスタートしたのですが、今回の浜崎あゆみの全国ツアーは『全国12都市35公演』を回るというかなり大規模なツアーになってくるようですね。

浜崎あゆみの歌は『切なく物悲しい歌詞・未来に向けた希望と意志を感じる歌詞』などに人気の理由があると言われますが、4月8日にデビュー11周年を迎えた浜崎あゆみは、アルバムのタイトルにもしている『NEXT LEVEL』のステージやパフォーマンスの進化を見せつけています。音楽配信やCDでも浜崎あゆみのセクシーで味わいのある歌声を楽しむことはできますが、ライブの魅力は『たくさんの華やかな衣裳』と『豪華な舞台の演出』ということになると思います。今回の全国ツアーでも、浜崎あゆみは黒のセクシーなボンデージ姿を見せたり、キュートなチアガールのコスプレを見せたり、ゲームキャラに扮した映像を流したりということで、約1万7000人の観客を楽しませてくれたみたいです。

ステージの衣裳は全部で10種類も準備されており、さまざまなコスチュームやドレスで着飾った浜崎あゆみの全24曲の熱唱を満喫することができる仕組みになっています。ツアー中だった昨年の10月2日に30歳の誕生日を迎えた浜崎あゆみですが、NEXT LEVELの進化したパフォーマンスで観客を沸かせてくれていて、30代も彼女の魅力的な歌やステージを楽しむことができそうですね。あゆの全盛期は少し前に過ぎ去ったようにも感じますが、今でも2日間で計3万4000人を動員する根強い人気の高さは流石だと思いますし、浜崎あゆみの最近の歌には昔の歌とはまた違った奥行きのある味わい、彼女の歌詞の世界の進展があると感じます。

関連記事

テーマ : 小池徹平
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。