--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.3119:58

Microsoftが「Live Search」から「Bing」へ検索ブランドを変更!第76回日本ダービーは2番人気のロジユニヴァースが優勝!

Microsoftが「Live Search」から「Bing」へ検索ブランドを変更!

Microsoft(マイクロソフト)の検索サイトのブランドが「Live Search」から「Bing」へと変更になるということですが、現在進行形を意味するBingのネーミングには「検索を通じた“意志決定”を支援する」といった意味合いが込められているそうです。英語版の「Bing」の検索は6月3日からスタートするようですが、日本語版はデザインだけが「Bing」に変更されるものの、実際の検索エンジンはしばらく「Live Search」のままになるということです。

キーワードに合わせた検索結果を「カテゴリー」に整理・分類して表示してくれる「Explore Pane」という機能が「Bing」の最大の特徴となっていますが、Googleの「Feelin' Lucky!」のように、検索キーワードに一番合致していると推測されるサイトの詳細を一発で表示する「Best Match」という機能も追加されるようです。それ以外にも、サイト内の個別ページへのリンクを表示する「Deep Links」や検索結果ページ上で実際にそのサイトのURLをクリックしなくてもプレビューしてくれる「Quick Preview」といった機能も追加されます。

検索キーワードに応じて、結果を「ショッピング」「旅行」「地域情報」「健康関連情報」といったカテゴリーに最適化して表示してくれるので、買い物をしたくて商品を検索するユーザーやホテル・飛行機の予約をしたくて検索するユーザーには結構便利な検索エンジンになってくるのかもしれません。Bingの開発に携わっているリュー氏は、「『Bing』はコンシューマ向けの新しいサーチブランド。ポータルサイトの『MSN』、Windows関連製品やサービスおよびXboxにある『Live』に加え、検索サービスを明確化するために『Bing』を打ち立てる」という意気込みを語っています。

『意志決定と実際の行動をサポートする検索エンジン』というBingのコンセプトは、効率的で正確な情報検索を売りにしているGoogleとの差別化が図れていいのかもしれません。

第76回日本ダービーはロジユニヴァースが優勝!

第76回の日本ダービーは、一番人気で皐月賞に続くクラシック二冠が期待されていたアンライバルドは12着に沈んでしまい、単勝で二番人気につけていたロジユニヴァースが2分33秒7で快勝しています。2着は5番人気のリーチザクラウン、3着は8番人気のアントニオバローズということで、まずまず順当な決着となりましたが、1番人気だったアンライバルドは本来の力を出せずに失速したままでしたが、2400メートルという距離が少し長すぎたようにも見えました。

勝利ジョッキーとなったのは横山典弘騎手でしたが、横山騎手は15回目のチャレンジで初めて日本ダービーを制することになったということです。ダービーで2着になったことは3回もあるということなので、今回のロジユニヴァースの堂々とした走りでダービーを優勝できた横山騎手の感動と興奮もひとしおだったのではないかと思います。日本ダービーの賞金は日本の競馬レースでは最高の1億5000万円ですが、ロジユニヴァースの今後のG1での活躍と更なる成長に期待が集まりますね。

関連記事

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。