--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.1202:01

マツダがエコ減税が適用される「新型アクセラ」を発売!シャープが家庭用のLED照明を7月に発売!

マツダがエコ減税が適用される「新型アクセラ」を発売!

マツダがコンパクト・スポーツをコンセプトにした『アクセラ』をフルモデルチェンジして発売しました。新型アクセラの排気量は1.5~2.3リットルに設定されていますが、外観のデザインはシャープな切れ味の鋭い印象が強くて、いかにもキビキビとスポーティに走りそうな雰囲気をまとっています。価格帯とクールなデザインを考えると、どちらかというと若い世代にフィットした車だと思うのですが、どの年代の人が乗ってもそれなりに満足感を得られる車に仕上がっているように感じます。

新型アクセラが最大のセールスポイントにしているのが、停車時に自動でエンジンが止まる『アイドリングストップ機能』であり、この機能によって燃料消費を最小限に抑え、排ガスの量もかなり抑えることができるということです。

信号待ちしているアイドリング時に、勝手にエンジンが切れてしまうのは嫌だという人もいるかもしれませんが、環境性能やガソリン節約を考えると良い機能だと思いますし、恐らくアイドリングストップ機能はオンとオフの切り替えができるのだと思います。ニュース記事では、アイドリングストップした後に、もう一回エンジンを掛けなおさなければならないのかまでは分からなかったのですが、アクセルを踏むだけでエンジンが掛かるとしたら相当なハイテクですね。

新型アクセラは、環境対応車への『買い替え優遇税制(エコカー減税)』の適用を受けることができるので、最大で75%の減税対象となりかなりお買い得です。5年8か月ぶりのフルモデルチェンジを果たして、エコカーとして生まれ変わったアクセラですが、セダンとハッチバックの2タイプがあります。アイドリングストップ機能は2リットルの車種にのみ装備されるオプションで、燃料消費は先代よりも約15%も改善するということです。金額換算すると、毎日1時間の走行で年間に約2万円の節約になるということなので、2リッタークラスの車の買い替えを検討している人には有力な選択肢になりそうです。。

一部のスポーツモデルを除いて、19日からマツダで予約受け付けが始まりますが、価格は166万~267万8000円に設定されています。

シャープが家庭用のLED照明を7月に発売!

今はほとんどの家庭用照明は『蛍光灯・白熱灯』だと思いますが、最近、少しずつLEDの技術を応用してくっきりと鮮やかな光を生み出す『次世代のLED照明』が開発されてきていますね。LED照明の魅力・メリットは、『色合いが鮮やかで透明感がある・発熱量が小さくて省エネに役立つ・照明そのものが長持ちする』ということですが、そのデメリットは何といっても『価格が高い』ということでした。

シャープが7月15日に発売する『家庭用LED照明(電球型)』は、最も安いラインナップで4,000円前後の価格設定になるということで、電球としてはまだまだかなりの高級品なのですが、試してみたいという人には何とか手の届く金額になってきます。シャープのLED電球は、付属のリモコンで光の色を変えられる『調色機能』を搭載した製品になるということで、電球型の9機種が販売されることになります。4,000円という価格でも、今まで販売されていたLED電球に比較すると半額くらいの値下げになるということです。

関連記事

テーマ : 新車・ニューモデル
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

エコカー減税|助成金とは?

記事を見ていたらエコカー減税の記事の部分があって偶然見ました。
最近高速も、エコカー減税も自動車関連の優遇が目に付きます、まあ家電もそうですが、それらに関係の無い人にはあまり得した気分になることは無いような気もしますね。
スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。