--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.1513:27

トヨタ・レクサスがハイブリッド車の『HS250h』を395万円から販売!既に3,000台の予約!

トヨタ・レクサスがハイブリッド車の『HS250h』を395万円から販売!既に3,000台の予約!

トヨタといえば、今はハイブリッドカーの『プリウス』が物凄い売れ行きを示しており、現状でプリウスを予約しても年内の納車は不可能な状態になっています。ハイブリッドカーの市場が拡大していることを受けて、ホンダのインサイトやトヨタのプリウスに続いて、他の自動車メーカーも付加価値の高いハイブリッドカーの開発を急いでいます。そして、早くもトヨタが、大ヒットしているプリウスに続く高級志向のハイブリッドカー『HS250h』を市場に投入してくるようです。

トヨタの高級ブランドである『レクサス』から14日に発売されたHS250hは、ガソリン1リットル当たりの燃費性能が23キロであり、排気量2.4リットルの高級セダンとしては抜群に燃費が良くなっています。トヨタのベーシックなコンパクトカーとして知られる『ヴィッツ』やホンダの人気が高いコンパクトカーである『フィット』と同じレベルの燃費の良さになっています。HS250hは外観はレクサスの高級車でそれなりの風格があるのに、燃費が23キロ/リッターでかなり良いというギャップがセールスポイントになっていますが、この車は中高年層である程度の余裕がある人に売れてきそうですね。

レクサスは日本市場では苦戦が続いていますが、こういったハイブリッド(HV)の高級車が日本市場に受け容れられれば、メルセデスベンツのCクラス・EクラスやBMWの5シリーズ、アウディなどの強力なライバルになってくる可能性があります。HV車の圧倒的な人気の高まりを考えると、『ガソリン車』から『ハイブリッド車』への技術的な移行はほぼ確実な流れであり、ハイブリッド車も近未来的には高性能バッテリー(水素電池など)を搭載した『電気自動車』に置き換えられていくのかもしれません。『大きな車体』や『強力な動力性能(馬力・トルク)』に価値があった時代から、低燃費・環境保護に貢献する『環境性能』や運転しやすい『コンパクトボディ』に価値が置かれる時代へとシフトしてきています。

HS250hの価格は395万~535万円に設定されており、一般ユーザーにとってはかなり高い価格帯になってきますが、今まで高級セダン(フーガ・クラウンレベル)やレクサスブランドを購入してきた層がメインターゲット層になっています。『HS250h』の最廉価モデルになると、レクサスの中では従来一番安かった車種『IS(排気量2.5~3.5リットル)』の最廉価モデルよりも4万円安くなっています。政府が実施している『エコカー減税』の恩恵も受けられるので、購入時の負担は最大で約30万円軽減されることもあり、かなりの需要増加が見込まれます。

トヨタは月間販売目標を500台に設定していましたが、既に現段階で3000台を上回る予約を受けているということで、HS250hを欲しいと思った人は早く予約しないと今年中に手に入れることが難しくなるかもしれません。HS250hのエクステリア・デザインは、トヨタらしい高級セダンのオーソドックスなスタイルを踏襲していますが、最高級セダンLSに近いフラットな高級感を醸し出しています。モデル名の『HS』というのは、『Harmonious Sedan(ハーモニアス セダン)』の略ということで、地球・人間・上質との調和(ハーモニー)がこのハイブリッドカーのコンセプトにされているということです。

関連記事

テーマ : 新車・ニューモデル
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。