--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.04.0412:49

RKB毎日放送スポーツ記者の卑劣な性犯罪!川崎市のマンション投げ落とし事件!

ここ数日マスメディアを賑わわせているRKB毎日放送(福岡市)の元スポーツ記者北村浩之容疑者(29)の女子高生に対する集団強姦と卑劣な脅迫の事件ですが、テレビ局の記者という公益性の高い職務についていながら、私生活ではむちゃくちゃな女性の尊厳を踏みにじる犯罪を繰り返していたというのは許しがたいですね。

インターネットのアングラ系サイトで知り合ったガソリンスタンドに勤める男と共謀して、女性を誘い出し暴行を加える犯罪を重ねていたという事ですが、女性に与えた恐怖と事件の悪質性、社会に与える不安を考えると極めて重い量刑を科して欲しいです。

警察などに通報させない口止めとして愚劣な脅迫やビデオ撮影をしたということ、未成年の女性に対して集団での下劣な暴行をしたということ、本人の自供から抑制できないレイプ願望があることなどを考えると、長期の懲役刑で反省を求めるだけでなく、性嗜好を矯正する為のカウンセリング(心理的援助・思考や行動の矯正)が必要かもしれません。

集団強姦罪の量刑は、改正されて「4年以上の懲役」に量刑が引き上げられていますので、厳正な納得のいく審理と事件の悪質性や被害者の受けた精神的苦悩に見合う判決を期待したいと思います。

第一  刑法の一部改正

一  有期の懲役及び禁錮

1  有期の懲役及び禁錮は、一月以上二十年以下とすること。(第十二条、第十三条関係)

2  死刑又は無期の懲役若しくは禁錮の刑を減軽して有期の懲役又は禁錮とする場合においては、その長期を三十年とすること。(第十四条第一項関係)

3  有期の懲役及び禁錮を加重する場合においては、三十年にまで上げることができるものとすること。(第十四条第二項関係)

二  刑法の罪の法定刑等

1  わいせつ、姦淫及び重婚の罪(第二十二章)関係

(一)  強制わいせつ及び準強制わいせつの各罪の法定刑を六月以上十年以下の懲役とすること。(第百七十六条、第百七十八条第一項関係)

(二)  強姦及び準強姦の各罪の法定刑を三年以上の有期懲役とすること。(第百七十七条、第百七十八条第二項関係)

(三)  集団強姦等

(1)  二人以上の者が現場において共同して強姦の罪(第百七十七条)又は準強姦の罪(第百七十八条第二項)を犯したときは、四年以上の有期懲役に処するものとすること。(第百七十八条の二関係)

(2)  (1)の未遂は、罰するものとすること。(第百七十九条関係)

(四)  強姦致死傷の罪の法定刑を無期又は五年以上の懲役とすること。(第百八十一条第二項関係)

(五)  集団強姦等致死傷 集団強姦等の罪(第百七十八条の二)又はその未遂罪(第百七十九条)を犯し、よって女子を死傷させた者は、無期又は六年以上の懲役に処するものとすること。(第百八十一条第三項関係)

小学3年生の子どもを投げ落として殺害した神奈川県川崎市の事件では、身勝手な理由を供述する無職の今井健詞容疑者(41)が逮捕されましたが、最近の事件には体力や腕力で抵抗できない「社会的弱者(子ども・女性)」を狙った卑劣な事件が多くて暗澹とした気持ちになります。

川崎市の事件では、マンションに設置された防犯カメラが犯人逮捕に貢献しましたが、こういった事件が続発すると、またいたるところに監視カメラを配置した監視社会への動きが進んでいくことになるのでしょうね。「誰かに見張られている」という感覚は、プライバシーを侵害されているという不快感につながりますが、危険な犯罪を抑止したり犯人逮捕を容易にする為には、「ある程度の監視社会化」は受け容れていかなければならないのかもしれません。

こういった子ども・女性を狙った犯罪には、社会全体に対する怨恨や通常の男女関係で性欲を満たせない男性の女性憎悪(ミソジニー)、職業生活でのストレスや経済的な将来不安などさまざまな要因が考えられますが、そういった自分の不遇感や欲求不満を原因として犯罪行為や暴力行動が正当化されるわけではないですよね。

他人の権利を不当に侵害したり、他人の財産や幸福を強奪したり、弱者を襲って攻撃するような犯罪行為で、日常生活のストレスや不当な自己の欲望を満たすことでこういった非道な犯罪が生まれるわけですが、どうすれば未然にこういった犯罪者の衝動を抑制できるかを考えると難しいです。やはりどうしても、犯罪が起こった後に逮捕するという「事後的な逮捕・懲罰」といった対応になりがちですね。

他人に迷惑をかけずに、自分のストレスや怒りをうまく発散していくという当たり前のことですが、自分の感情や欲望のコントロールを失った時に、人間は非常識な行動や犯罪の振る舞いをしてしまうのかもしれません。

それにしても、川崎市のマンションからの投げ落とし事件は、無差別に色々な人をマンションから投げ落とすことを計画していたようですが、早い段階で逮捕されて本当に良かったと思います。犯行の事前に声を掛けられて無視して部屋に入った中年の女性は、本当に運が良かったですよね。僅かなタイミングと判断のずれで、自分が被害者になる恐れがあったと考えると本当に危険な状況だったと思います。

関連記事

テーマ : 性犯罪・わいせつ事件
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。