--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.0422:00

ダウンロード配信型の“PSP go(26,800円)”、発売初日は2万8000台しか売れず!

ダウンロード配信型の“PSP go(26,800円)”、発売初日は2万8000台が売れる!

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が11月1日に発売した新型PSP『PSP go』は、 旧PSPのUMDドライブを廃止してフラッシュメモリにゲームをダウンロードする形式の携帯型ゲーム機です。PSP goは発売初日に国内で2万8275台売れたそうですが、この売上台数はニンテンドーDSと比較すれば極端なまでに少ないものの、ユーザーが慣れていないダウンロード形式のゲーム機であることを考えると仕方ない面もありますね。

2007年9月に発売された「PSP-2000」は発売初日に13万台(SCE調べ)、08年10月発売の「PSP-3000」は14万1270台(エンターブレイン調べ)も売れているということなので、現時点では全くユーザーの支持・需要を集められていないといわざるを得ないでしょう。SCEはAppleのApp Storeでソフトを有償販売していくiPhoneやiPod touchのビジネスモデルを目指していると思いますが、PSP goがこれから売上を伸ばせるかどうかは『サードパーティーの開発会社のソフト作成能力』にかかっているといえそうです。ドラクエやFFのように、誰もがやってみたいというゲームがPSP goで発売されれば、そのソフトをダウンロードするためにPSP goの販売台数も増えていくと推測されます。

しかし、今まで物理的なソフトとしてゲームショップ・電器店で販売していた『UMDドライブ』が廃止されたので、ゲームショップからは根強い反発も起きているみたいですね。PSP goは16Gバイトのフラッシュメモリを内蔵していて、ダウンロードしてからゲームをするという携帯型ゲーム機なので、ゲームショップでソフトを買わなくてもゲームを楽しむことができるわけです。この形式のゲーム機が普及していくと、もうゲームショップは必要ないということにもなってきますから、ゲームショップの経営者などにとっては余り歓迎できない要素の多いゲーム機だとは言えそうです。

ゲームをするユーザーの視点で見れば、いちいちお店にまで足を運ばなくても、ゲームがしたくなったときにはいつでも自分(自宅)でダウンロードできるので、利便性は高くなっています。ゲームは無線LAN機能やPS3、パソコンを介して『PlayStation Store』からダウンロードすることで入手できます。PSP goにはBluetoothの接続機能もついているので、ヘッドフォンなど色々なデバイスを後づけすることもできるみたいです。

関連記事

テーマ : PSP
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。