--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.1619:12

Googleの検索エンジン事業が「中国市場」から撤退か?Googleが「検閲無しの検索結果」を中国でも表示!

Googleの検索エンジン事業が「中国市場」から撤退か?Googleが「検閲無しの検索結果」を中国でも表示!

Googleが中国市場から撤退するのではないかというニュースが広がっていますが、なぜ今の時期にGoogleが撤退する決断をしようとしているのかの理由ははっきりとしていないようです。Googleは中国では「谷歌」と呼ばれており、中国の検索エンジン市場のシェアも30%以上持っています。中国の検索市場のトップは「百度(バイドゥ)」であり6割超のシェアを占めていますが、中国のネットユーザー人口の多さを考えると、Googleが経営上の理由(売上の低さなど)から撤退することは考えにくいように思います。

ニュース報道で伝えられているところでは、Googleのインフラストラクチャーが中国のクラッカーから高度かつターゲットを絞った「サイバー攻撃」を受け続けていることが撤退の主な理由ともされています。このサイバー攻撃によって、Googleの知的財産権やセキュリティが大幅に侵害されていることを、Googleは強く懸念しているとのことです。サイバー攻撃(フィッシング)の標的になっているのが、中国人の人権活動家のGmailアカウントだったということで、「言論の自由・政治の自由・民主主義の理念」を守るために、Googleは中国政府が要請する「検索結果の検閲」にもう応えないという姿勢も見せています。

中国人クラッカーによるサイバー攻撃は、Googleの保有するデータのみを攻撃しているのではなく、その他20社以上の企業の知的財産・機密情報などもターゲットにされていて、Google側が安全なサービス提供を続けられるかどうか検討しているとの見方もでています。クラッキングされかかった企業には、インターネット、金融、化学薬品など色々な業界が含まれているということで、中国市場におけるセキュリティ上のリスクにどこまで対応できるのかということが一つの焦点になってきそうです。

Googleは中国政府による「ウェブ上の言論統制の強化」にも反発の姿勢を見せており、中国市場のGoogle検索で「検閲しない検索結果の表示」をすることを明らかにしています。中国の国内法では検閲(情報統制)しない検索エンジンの公開は認められないようですから、Googleが「天安門事件・チベット騒乱・ダライラマ14世・ウイグル自治区の弾圧・中国共産党の独裁体制への批判」などを検索可能にすれば、Googleは中国政府によって中国市場から締め出されることは確実と見られています。

2006年1月以来、Googleは中国政府に譲歩して「Google.cn」に検閲(中国政府が国民に知らせたくない情報の検索結果からの排除)を行ってきましたが、Googleは今回のサイバー攻撃と人権問題を受けて中国政府の情報統制の要求に抵抗する姿勢を見せています。国家権力の要請もはねつけるほどの影響力を持ったGoogleに、中国政府はどのような交渉・説得・威圧を行ってくるかは分かりませんが、Googleがこのまま検閲をしない検索エンジンを中国で公開し続ければ、中国市場からは撤退という結果に近づきそうです。

しかし、中国人民も他の先進国と同じ「情報化社会の空気・言論の自由の必要性」に触れていますから、中国政府・中国共産党がいつまで現状のような「強権的な言論統制・思想統制」を維持できるかは未知数だと思われますし、中国の内部やネット空間から自由化・民主化を求める強い動きが巻き起こってくる可能性もありそうですね。軍事力や警察力のみによって、インターネットの個人単位の情報交換やコミュニケーションを完全に抑制することは難しいですし、共産党内部も言論統制で一枚岩の団結を維持し続けられるかは分からないわけですから。

関連記事

テーマ : ITニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。