--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.0702:51

精神科医ゆうきゆうの『マンガで分かる心療内科』が人気!学研のムック『もう一度見たい!科学と学習』が好評!

精神科医ゆうきゆうの『マンガで分かる心療内科』が人気!

精神医学や臨床心理学、心理療法などと聞くと、専門的でかなり難しい学問のように感じられますが、メンタルヘルスの問題をギャグ漫画のタッチで分かりやすく説明してくれている作品にゆうきゆうの『マンガで分かる心療内科』があります。最近は、サラリーマンや学生にうつ病やパニック障害、社交不安障害などの精神疾患の悩みが増えており、『精神疾患の症状・治療・対応・発症メカニズムについて知りたい』という需要があって、ゆうきゆう氏の『マンガで分かる心療内科』がかなり好調に売れているようです。

<マンガで分かる心療内科>現役精神科医がギャグタッチで心の病解説 ウェブ公開も売り切れ続出

『マンガで分かる心療内科」(少年画報社680円)』は、『ヤングキング』で連載されているマンガ作品をコミック化したものですが、ウェブで漫画を公開したままにしているにも関わらず、5月に発売された第1巻はすぐに完売してしまったとか。増刷しても短期間で売り切れてしまう状態が続いているわけですが、精神疾患(心・脳の病気)という深刻で暗くなりやすい問題を、明るいギャグ漫画の雰囲気で分かりやすく正確に説明しているところが人気の理由であるようです。

『マンガで分かる心療内科』を書いているゆうきゆう氏は、東京の池袋と上野で『ゆうメンタルクリニック』を開業している精神科医なので、笑いとユーモア、楽観をモチーフにしながらも、『精神疾患の説明・解釈の部分』は比較的しっかりした内容になるように工夫されています。

ストーリーは、臨床心理士の療がボケて笑いを誘い、そこにナースのあすながツッコミを入れていくという構成になっていて、心の病気やその治療、日常の悩みなどについて参考になる話も多く収載されているようです。ゆうきゆう氏のウェブサイトには、1日平均2万のアクセスがあるということで、ウェブと書籍(漫画)のメディアミックスによって人気が高まっている状況もあるのかなと思いますが。

学研のムック『もう一度見たい!科学と学習』が好評!

学習書・学習雑誌の出版不況の煽りを受けて、学研の子ども向け雑誌が次々と廃刊になりました。しかし、学研の学習誌『科学と学習』の歴代付録を振り返りながら集めたムック『もう一度見たい! 『科学』と『学習』』の売れ行きが好評であり、往年の『科学と学習』のファンの人たちが大人になってからコレクションのために買っているようです。

学習雑誌の『科学』と『学習』は、付録を使って簡単な科学実験や自由研究ができるようになっているのが特徴で、そういった知的興奮を感じる実体験を楽しみながら科学の基礎を学べる仕組みになっています。学習内容を何でも検索可能なインターネットの普及によって、学習雑誌の需要が急激に落ち込んでいますが、『科学』と『学習』は学研教育出版が小学1~6年の各学年向けにそれぞれ発行していて、『付録の遊びを通した学習』という付加価値で一時期はかなり売れた雑誌でした。

『学習』は昭和46年創刊で主に文系の内容を扱い、科学は昭和57年創刊で主に理系の内容を扱った雑誌ですが、『もう一度見たい! 『科学』と『学習』』は永久保存版付録百科の構成になっていて、こういった雑誌を定期的に読んでいた人などには是非欲しいムックになっているようですね。ムックの価格は1680円となっていますので、興味のある方は購入してみてはどうでしょうか。

関連記事

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。