--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.0319:32

南アフリカW杯、優勝候補のブラジルが2-1でオランダに敗れる!ウルグアイがPK戦でガーナに勝利し4強に!

優勝候補のブラジルが2-1でオランダに敗れる!ウルグアイがPK戦でガーナに勝利し4強に!

FIFA世界ランキング1位で、南アフリカのW杯でも優勝候補の筆頭と見られていたブラジルがオランダに惜しくも敗れました。カカやロビーニョといった一流のスター選手を多く抱えるサッカー王国のブラジルでしたが、ロビーニョが前半10分に先制点を取った後は、攻撃的なサッカーができないままに時間が流れ、後半はオランダが急速に自分たちの組織的サッカーのペースを取り戻したように見えました。

前半が始まってすぐにオフサイドでブラジルがゴールを決めたのですが、ロビーニョが先制点を取るまでは完全にブラジルのペースであり、スピード感のあるドリブルと確実に仲間に届く早いパス回しにオランダは翻弄されている感じでした。試合の流れはブラジルがリードしたまま膠着状態に入りましたが、後半8分にブラジルのMFフェリペメロの頭に当たったボールがオウンゴールになってしまい、ここからはオランダ優勢のままゲームが進みました。

2-1の決勝点となるオランダのゴールは、後半23分にオランダのFWロッベンがコーナーキックを蹴り、そのボールを小柄なスナイダーが鋭くヘディングでゴールに叩き込みました。その後には、ブラジルのフェリペメロが、オランダのロッベンに対して踏みつけるような危険なファウルをして、一発でレッドカードが出され退場となりました。一人少ないままブラジルは残りの時間を戦うことになり、追加点を取れずに2-1でオランダに敗れることになりました。

2日の準々決勝でオランダに敗れたブラジルのドゥンガ監督は、試合後の記者会見で『(監督を)始めたときから4年間のつもりだった。ブラジル代表監督の責任の大きさを理解している』と語って、そのまま監督を辞任する意志を示しています。オランダの対戦相手を決めるウルグアイとガーナの試合は延長戦でも決着がつかずにPK戦にまでもつれこみ、結局、ウルグアイがガーナをPK戦(4-2)で下して勝利しています。ベスト4の試合はオランダ対ウルグアイの試合になりますが、オランダはブラジルに続いて南米の強国と当たることになりますね。

関連記事

テーマ : FIFAワールドカップ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。