--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.2104:25

嵐の松本潤主演の月9ドラマ『夏の恋は虹色に輝く』の初回視聴率は15.7%!『龍馬伝』の第3部は視聴率15.8%でスタート!

嵐の松本潤主演の月9ドラマ『夏の恋は虹色に輝く』の初回視聴率は15.7%!

月曜日午後9時の“月9”ドラマも、かつてのように高い視聴率を取ることが難しくなってきていますが、『花より男子』などで大ヒットを飛ばした嵐のマツジュン(松本潤)が主演する『夏の恋は虹色に輝く』はまずまずの滑り出しだったようです。初回の平均視聴率は15.7%であり、『花より男子』などと比較すれば原作やストーリーが殆ど知られていない割には、なかなか視聴率は高かったのではないかと思います。

相手役の女性を演じるのは竹内結子ですが、20代の松本潤と30代の竹内結子の微妙な年齢差のある純愛がひとつの見所になっています。『夏の恋は虹色に輝く』というタイトルは、恋愛期間を『夏』と限定しているように、ひと夏の儚い恋というイメージも湧くのですが、このドラマの基本コンセプトは『偶然の一目惚れ』というところにあるようです。

2世俳優の役を演じる松本潤と過去に事情を抱えた美女を演じる竹内結子が、第一話で『偶然の出会い』を果たして、松本潤のほうがクールに走り去っていった竹内結子のことが気になり始めるという物語のスタートでした。『偶然の出会い』というのが、スカイダイビングの着地に失敗して木にひっかかっていた松本潤を、竹内結子が人を呼ばずに頭を働かせて助けるというものなのですが、2世俳優らしいセレブなエピソードも多く盛り込まれていくことになりそうです。

『龍馬伝』の第3部は視聴率15.8%でスタート!

福山雅治主演のNHK大河ドラマ『龍馬伝』は、坂本龍馬を福山雅治が演じ、岩崎弥太郎を香川照之が演じるというキャスティングの上手さもあって高い視聴率を維持しているようです。NHK大河ドラマは普通のドラマとは違って、1年間もストーリーが連続する長丁場のドラマなので、中盤以降は見続けられる視聴者が減って、視聴率が若干落ち込みやすいのですが、『龍馬伝』は18日から第三部がスタートしても平均視聴率で15.8%を維持しています。

『龍馬伝』は坂本龍馬の生涯のエピソードと黒船が来襲した幕末動乱の歴史を、三菱財閥の創業者である岩崎弥太郎(香川照之)の視点で描いているところに『独自の物語構成』があり、幕末の歴史小説を読みなれているような人も新鮮な気持ちで見ることができます。

第二部の終わりは『武市の夢』ということで、土佐藩の政争に敗れて尊皇攘夷による日本国の刷新を断念することになった武市半平太が切腹する場面で終わりました。第三部では、いよいよ倒幕・、明治維新のきっかけとなる『薩長同盟』を結ぶために、坂本龍馬が仲介役を買って動き出すことになるのですが、これからが幕末の歴史が大きく動くドラマの佳境になっていきそうですね。

関連記事

テーマ : 松本潤
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。