--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.0120:06

NTTドコモがAndroidケータイの「HT-03A」を7月10日に発売!「Androidマーケット」でアプリをダウンロードできる!

NTTドコモがAndroidケータイの「HT-03A」を7月10日に発売!

ソフトバンクモバイルからはAppleの「iPhone 3G S」が発売されていますが、NTTドコモからはGoogle Phoneとも呼ばれるスマートフォンの「HT-03A」が発売される予定になっています。「HT-03A」と「iPhone 3G S」はどちらもインターネットを利用しやすくしたタッチパネル方式のスマートフォンですが、HT-03AのほうはGoogleが提供しているオープンプラットフォームの「Android OS」を搭載しています。

Android OSを搭載することによって「パソコンのようにウェブにアクセスできる携帯電話」が実現しているのですが、NTTドコモの端末の中ではHTC社製造のHT-03Aは比較的安い価格で入手できるようです。その代わり、HT-03Aは他のドコモのケータイに搭載されている『ワンセグ(デジタル放送)・おサイフケータイ・iモード』などの機能がついていませんので、『インターネットのアクセス・アプリケーションのダウンロード』が主な用途になってきます。

他のドコモのケータイと違うデメリットとしては、スマートフォンの場合は通常の「パケ・ホーダイ ダブル(490円~4410円)」に加入できず、少し割高な「Biz・ホーダイ ダブル(490円~5985円)」のほうに加入しなければならないということですね。スマートフォンの場合はどうしてもモバイルのヘビーユーザーが多くなって、『平均的なパケット通信料』が大きくなりやすいので、Biz・ホーダイ ダブルという別のプランにしているのだと思いますが、毎日何時間もケータイでネットをするような人(仕事でネットにアクセスしなければならない人)であれば納得できるプランかもしれません。

続きを読む

テーマ : ドコモ新機種情報
ジャンル : 携帯電話・PHS

2009.06.1904:29

「iPhone 3G S」の予約受付スタートと「iPhone OS 3.0」のリリース!

「iPhone 3G S」の予約受付スタートと「iPhone OS 3.0」のリリース!

新型の「iPhone 3G S」が6月28日に発売されるということで、既に旗艦店のソフトバンク表参道では予約が行われて行列ができたということです。iPhone 3G自体がかなりシンプルなデザインを採用したフルフェイス・ケータイなので、iPhone 3G Sへと進化しても外観のデザインはそれほど変化は見られないようです。しかし、iPhone 3G Sは機能面で大幅な改善が図られており、下り最大7.2MbpsのHSDPAに対応していて、常時接続(パケット定額制)で高速インターネットを楽しむことができます。

iPhone 3G Sを購入する人の大半は、モバイルでインターネットを毎日するようなヘビーユーザーだと思いますので、通信速度の機能改善というのは嬉しい変更点かもしれません。デジカメ機能も改善されていて、オートフォーカスに対応した300万画素カメラを搭載していますが、このデジカメの機能は最新の他のケータイと比べるとちょっと見劣りしてしまいますね。ソフトバンクモバイルでも1000万画素のデジカメがついたケータイが出てきていますが、デジカメをメインに考えてケータイを選ぶと言う人には、現状ではiPhoneやNTTドコモのHT-03Aはそこまでお勧めではないようにも思います。次のバージョンが発売されれば600万画素くらいのカメラはついてくると思うのですが、300万画素でも日常のちょっとした光景やペットなどを撮影するには十分なスペックではあります。

続きを読む

テーマ : iPhone 3G
ジャンル : 携帯電話・PHS

2009.05.2806:18

1,000万画素CCDカメラ搭載の「AQUOS SHOT 933SH」が発売!Googleのケータイ・プラットフォーム『アンドロイド』を搭載したHT-03A!

1,000万画素CCDカメラ搭載の「AQUOS SHOT 933SH」が発売!

NTTドコモでも、市販されているデジタルカメラとほぼ同等の性能を持つ『高機能なデジカメメインのケータイ機種』が夏モデルで販売されていますが、ソフトバンク・モバイルも1,000万画素のCCDカメラを搭載するシャープ製の「AQUOS SHOT 933SH」を5月29日に投入してきます。2年くらい前までは、ケータイに付属しているデジカメの性能はかなり悪くて、市販されているデジカメとは比較にならなかったのですが、500万画素を超えるくらいの機種が出てきてからケータイのデジカメ写真の画質はかなり良くなってきましたね。

ケータイ付属のデジカメで写真を撮影して、PCのメール(ウェブメール)に送信すると、そのデジカメ写真の画質の良さがはっきりと分かるのですが、今のケータイだったら別に新たにデジカメを購入する必要性が減ってきていると思います。人物写真や料理の写真はもちろん、旅行先での風景写真や建築物の写真などもばっちり綺麗に撮影することができるようになっています。

「AQUOS SHOT 933SH」のカメラ機能は『高性能』であるだけではなく『多機能』でもあり、1000万画素CCDカメラには、状況に応じて8つの中から最適なモードを設定できる『シーン自動認識機能』や最大5人までの顔を検出して撮影する『顔検出機能』といったデジカメでおなじみのモードがついています。ISO12800対応の高感度な撮影が出来るだけでなく、最近はフラッシュがついていないケータイも増えている中で『高輝度LEDフラッシュ』がついているのも、暗い場所での撮影が楽しくなりそうですね。100万画素のサイズで、連続10カットを高速撮影できる『メガピクセル連射』といった遊び心のある機能もついています。

続きを読む

テーマ : 携帯&モバイル関連ニュース
ジャンル : 携帯電話・PHS

2009.05.0600:52

携帯電話のMNP(番号持ち運び制度)で、“新しいメルアド”への自動転送が可能に!

携帯電話のMNP(番号持ち運び制度)で、“新しいメルアド”への自動転送が可能に!

日本のケータイキャリアには、NTTドコモ、au、ソフトバンク、イーモバイルなどがあり、MNP(携帯電話ポータビリティ制)を利用して、電話番号を他のキャリアにそのまま移すことができます。しかし、『@以下のドメイン』が各キャリアによって違うので、メールアドレスを他のキャリアに移すことができず、そのことがMNPが利用しづらい理由のひとつになっていました。まぁ、今使っているケータイのキャリアやプランに特別な不満・不都合がない限り、わざわざMNPを利用して他のキャリアに移りたいとは思わないので、仮に『電話番号・メールアドレス』をそのまま移せても劇的にMNPが増えるということは無いと思いますが……。

携帯電話4社は、MNPの使い勝手の悪さを改善する目的で、『古いアドレス宛てにきた携帯メール』を『新しいメールアドレス』に転送するサービスの導入を協議しているみたいです。早ければ今年中にもこのサービスが実現するかもしれないということですが、確かにMNPを利用すると『新しいメールアドレス』を友人知人・取引先・会社などに教えるのが面倒なので、このメール転送サービスがあれば少しはMNPの利用者が増えるかもしれません。

続きを読む

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

2009.01.2411:57

ウィルコムがバウムクーヘンをモチーフにしたストレート端末「BAUM(バウム)」を3月に発売!ウィルコムが新料金プランを採用、パケット定額制が申し込みの必要なしに!

ウィルコムがバウムクーヘンをモチーフにしたストレート端末「BAUM(バウム)」を3月に発売!

ウィルコムが3月に、「Honey Bee2」と似た雰囲気のストレート端末「BAUM(バウム)」を発売すると発表していますが、折りたたみ携帯かスライド式携帯が多い現在ではストレートタイプのほうが個性的になっていますね。ウィルコムの最大の魅力は、ウィルコム同士であれば電話もメールも無料(定額)ということですが、最近は端末のデザインもユニークなものが増えています。京セラ製のストレート端末であるBAUMは型番がWX341Kとなりますが、この端末には他のケータイキャリアの端末と同じように「おサイフケータイ」の機能が搭載されます。

「BAUM」は、2.4インチワイドのQVGA液晶搭載でワンセグはついていませんが、サイズは45×127×11.4mm のスリムな薄型ストレートモデルとなっています。洋菓子のバウムクーヘンをモチーフとしてデザインされた端末ということから「BAUM」という愛称がついていますが、キーデザインにもこだわっていておしゃれで個性的な「エンボス仕上げ(少しキーの部分が盛り上がっています)」で仕上げられています。2メガピクセルのデジカメも搭載しており、ウィルコムの最新機能の多くをカバーしているので、ウィルコムのPHS端末をこれから買いたいという人にはおすすめの機種です。これでワンセグ搭載があれば、文句のない充実機能だったのですが……赤外線通信によるメルアド・電話番号の転送には対応しています。

続きを読む

テーマ : WILLCOM
ジャンル : 携帯電話・PHS

2009.01.1814:23

年収5,000万円以上の顧客をターゲットにしたノキアの超高級携帯電話「VERTU(ヴァーチュ)」が日本で発売!

年収5,000万円以上の顧客をターゲットにしたノキアの超高級携帯電話「VERTU(ヴァーチュ)」が日本で発売!

世界最大の携帯会社ノキア(NOKIA)が、NTTドコモの回線を利用するMVNO(仮想移動体通信事業者)で日本の携帯市場に参入してきますが、初めに投入するケータイは端末が370万円もする超高級携帯VERTUです。一体、誰がケータイの端末に370万円もかけるのかはかなり謎ですが、ノキアは年収5,000万円以上の男性層をターゲットに据えているとか。しかし、常識的に考えて、日本で普及している種々の携帯機能(iモード・おサイフケータイ・ワンセグ・着うたフル・デコメール)を備えていないノキアの超高級携帯がそれほど売れるとは思えませんから、このVERTUはノキアのブランディングを図るための宣伝機種のような気もします。

300万円以上もするVERTUが数十台でも売れれば凄いほうだと思いますが、マスコミでこういった珍しい機種を取り上げてもらって、ノキアのブランドが話題になってくることのほうが本来の目的なのかもしれません。しかし、端末のクオリティそのものも相当に高いわけで、専門の職人が高級な稀少素材を使って手作業で組み立てた端末になっています。日本で発売される「Signature(シグネチャー)」モデルは、2000度の溶鉱炉で2週間以上かけて精製したサファイヤクリスタルをディスプレイに使用しており、本体には認証入りの18Kゴールドを使用しているということです。

続きを読む

テーマ : 携帯&モバイル関連ニュース
ジャンル : 携帯電話・PHS

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。