FC2ブログ
--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08.1813:15

大人気ドラマ『花より男子』が同じキャスティングで遂に『花より男子 ファイナル』として映画化!来年夏頃に劇場公開される予定!

今、『ファーストキス』のドラマで心臓疾患を患った少女の役を演じている井上真央(20)ですが、井上真央は子役で出演した昼ドラ『キッズ・ウォー』から着実に女優としての位置づけを高めていますね。井上真央の一番の当たり役というか大ヒットになったのは、テレビドラマ版の『花より男子』と『花より男子2』でしたが、花より男子2では平均視聴率21.6%、最終回では驚異的な27.6%を叩き出しました。というか、このドラマを見ている年齢層は10代~20代前半に偏っていますから、10代の若い女性の大半がこのドラマを何回かは見たことがあるということになるんでしょうね。

この二つのドラマは大人気の少女コミック『花より男子(神尾葉子・原作)』を原作として制作されていますが、今度この『花より男子』シリーズが映画化されることが決定したそうです。題名は花より男子シリーズの最終作ということで『花より男子 ファイナル』とつけられており、公開予定は『来年の夏頃』となっていますから夏休みでの劇場公開を目指してスケジュールをつめているようです。

映画撮影は、来年の1月からスタートして、撮り終わるまでに約2ヶ月かかるということですが、かなりハードスケジュールの撮影進行になりそうですね。俳優のキャスティングは、テレビドラマ版とほとんど同じであり、牧野つくし役は井上真央、道明寺司役は嵐の松本潤(マツジュン)が務めますから、今までの花より男子シリーズのメンバーが気に入っているという人には、絶対に見たいという映画になりそうです。というより、つくしや道明寺のイメージが、井上真央や松本潤に強く結びついている人が多いでしょうから、今さら別の俳優を立てて映画を撮るというのは考え難いでしょうね。

続きを読む

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

2007.01.2917:25

「発掘あるある大事典」で実験データの捏造や不正が次々に発覚!問われるマスメディアの科学を喧伝した番組の真実性!

「納豆ダイエット」の効果に関する実験データ改竄やアメリカの研究者の発言捏造によって、放送中止に追い込まれた「発掘あるある大事典2」ですが、その後も「新たな捏造・改竄・不正」の疑惑がつぎつぎに白日の下にさらされてきていますね。テレビの健康番組や医学バラエティの科学的根拠(医学的データ)は、「話半分」で聞いておいたほうがよいとは思いますが、日常的に医学や薬学、栄養学などの専門書を読んでいるわけでもない一般国民にとっては、テレビは貴重な情報源ですから、やはり、あからさまな「やらせ」や「捏造・不正」は厳しく非難されるべきだと思います。

納豆ダイエット以外に不正(実験データの改竄・偽造など)明らかになった疑惑はもうかなり古い放送になるのですが、1998年に放送された「レタスの催眠作用」の番組と2001年の「頭がよくなるあずき」の番組で実験データの改竄が行われたようです。しかし、冷静になって考えてみれば普段からサラダにして食べているレタスを多少多く食べたって、眠たくならないのは当たり前のことですよね。今思ったのは、「発掘あるある大事典」という番組は、「嘘を吐かないマスメディア」という先入観を強く持っている従順で素直な視聴者を、プラセボ効果(偽薬効果)でうまく操ろうとする番組だったのかもしれないなということです。

番組ねつ造:「あるある」あずき疑惑実験…不信深まる

「あずきで頭の回転が速くなることを証明する実験です」。そういう触れ込みで受けた「そろばん」による計算能力の比較実験。指示された「そろばん」を手に、収録場所の会議室に着いた。いたのは男性スタッフが2~3人。スタッフは、この女性に「(被験者の中でそろばん級位の上の)あなたがあずきを食べて」と指示。思わず耳を疑った。「その時点でインチキだと分かりました」。テスト結果の開示も拒否され、口座に振り込まれるはずの実験の報酬1000円も「口座には振り込まれていなかった。本当にいい加減だった」とあきれ果てた。

関西テレビの下請けで番組を制作していた「日本テレワーク」のプロデューサーは、単行本「発掘!あるある大事典」(扶桑社、97年刊)の巻末でこう記している。「無責任な情報番組ではなく、きっちりサイエンスの眼で実証を取り、『早速、明日からやってみよう』という具体的な行動に結びつく『生活応援型』の身近で便利な情報番組を目指してゆきます」。その虚偽が次第に明るみに出ている。

テレビの番組作りに詳しい押田栄一・関西学院大講師(メディア論)は「真実を伝えるよりも、面白い話に仕立てたかった、という作り手の意図がみえる。健康増進によいと紹介すると視聴者に受けがいいことを知っているのだろう。これでは視聴者はテレビ番組全体について、批判的に見ざるをえなくなってしまう」と話している。

プラセボ効果を考えると、昼食でレタスを食べた後に、大きな欠伸(あくび)が出たりすると、「あっ、これがテレビで言ってたレタスの催眠効果なのか」と納得してしまう人もいたかもしれません。

続きを読む

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

2006.08.2813:18

KAT-TUNがメインパーソナリティを務めた『24時間テレビ29 愛は地球を救う』の感想!平原綾香のコラボ、亀梨和也の『ユウキ』など!

KAT‐TUNがメインパーソナリティを務めた日本テレビ「24時間テレビ29 愛は地球を救う」が昨日、恒例のサライの合唱でフィナーレを迎えましたが、さすがに初めから終わりまでを見ることは出来ませんでした。26日に始まった24時間テレビですが、初日はKAT‐TUNの亀梨和也(20)が主演をしているスペシャルドラマ「ユウキ」まで数時間見たのですが、なかなか見応えのある面白い企画がいつもより多かったように感じました。

長い長い100キロマラソンをやり終えてアンガールズが最後にゴールする場面も見ましたが、史上最弱のランナーと揶揄されていた割には、他のマラソンランナーよりも余裕でゴールしていたように見えましたね。アンガールズの山根さんが『皆さんも頑張ってください』といったり、田中さんが『(お笑い芸人の「おぎやはぎ」の)おぎさんが一番心配してくれてた』といったりして、最後のメッセージが意味不明なために感動がいまいちなかったような気もしますが……。一般的に太っている人よりも痩せている人のほうがマラソンや長距離走が得意だったりしますし、痩せ過ぎのアンガールズも予想以上の体力があったということなんでしょうね。

以前ブログで書いた平原綾香さん(22)と2本指で華麗な演奏をする韓国人ピアニスト、イ・ヒアさん(20)『Jupiter』でのコラボレートも見ることが出来ました。平原綾香さんの低音が美しい伸びやかな歌声と一生懸命にJupiterの難しいメロディを弾くイ・ヒアさんのピアノがぴったりとマッチしていて、感動的な素晴らしい楽曲に仕上がっていましたね。以前から平原綾香の大ファンで憧れていたというイ・ヒアさんですが、先天性の障害で2本しか指がないにも関わらず、毎日厳しいレッスンをこなして今の水準にまでピアノの腕前を上げてきたということです。

イ・ヒアさんの場合は、指先の素早い動きとリズム感覚だけの技術というよりは、『諦めずに最後までピアノを弾き抜く』という力強い魂で弾いているような印象を受けました。イ・ヒアさんに優しく友達のように語り掛けている平原綾香さんの表情や口調にも、懸命にJupiterを弾こうとするイ・ヒアさんを励まそうとする心の温かさや、相手のペースで歌を作り上げようとする優しい人柄を感じることが出来ました。

今回の24時間テレビのテーマは『絆(きずな)』でしたが、平原綾香とイ・ヒアの努力に裏打ちされた美しいコラボの絆に感動したKAT‐TUNの赤西仁(22)は普段のクールな態度を維持することが出来ず、感極まって涙を流してしまったそうです。確かに24時間テレビがまだ始まったばかりだったという事もあり、僕の中でも平原綾香とイ・ヒアの綺麗に息の合ったコラボと亀梨和也の感動的なドラマ『ユウキ』のドラマの記憶が強く残っていますね。

続きを読む

テーマ : 24時間テレビ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2006.08.0602:26

平原綾香が「24時間テレビ 愛は地球を救う」のチャリティ活動を着うた「Voyagers~心~」で応援!

■「24時間テレビ 愛は地球を救う」に平原綾香がゲスト出演!

毎年、日本テレビ系列で放送されている「24時間テレビ 愛は地球を救う」は、世界の恵まれない人たちへのチャリティを目的とする特別番組ですが、今年は人気絶頂にあるKAT‐TUNが司会を務めるということもあり例年以上の注目を集めているようです。TBSの亀田興毅の試合を巡る視聴率至上主義に対する抗議の声がリアルでもネットでも起きているようですが、どのテレビ局も高視聴率を自社やタレントの利益にするだけでなく、チャリティや環境保護など社会的利益に還元するような工夫をしなければならない時代になったのかもしれません。24時間テレビで集められた寄付が、きちんと援助を必要としている人に届くのであれば、高い視聴率を獲得できるように最善の努力をして欲しいと思います。

基本的に、24時間テレビのチャリティ活動は、自然災害による諸外国の被害や貧困・病気に苦しむ外国の子供達などへの寄付行為がメインですが、経済苦や病気苦による自殺問題が深刻化している日本の現状を思うと、国内向けのチャリティ番組を作るというのも公益性があっていいかもしれません。

亀梨和也や赤西仁、上田竜也・中丸雄一・田中聖・田口淳之介といったジャニーズの人気グループKAT‐TUNが総出でメインパーソナリティを務めるので、去年のSMAPの司会以上に若年層の視聴率が高まると予測されているようですが、今年は大企業の業績回復による給与の上昇も著しいので、視聴率とあわせて寄付金額も大きくなるかもしれませんね。

今年のテーマは、『絆(キズナ)~今、私たちにできること~』ですが、人間同士の連帯や思いやりを忘れずに、自分の出来る範囲で支援や寄付をしていくというチャリティ精神も大切ですね。

続きを読む

テーマ : TV番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

2006.08.0115:29

「亀田興毅とファン・ランダエタの世界戦」と「TBSの大晦日の番組の視聴率」を巡る関係!大晦日の歌番組の人気低迷とデジタル音楽配信の市場拡大の考察!

かつて、年末大晦日に放送される恒例の特番といえばNHK「紅白歌合戦」とTBS「レコード大賞」でしたが、今年の大晦日は「レコード大賞」の放送が見合わされるようです。最近でも、CDセールスや携帯電話の着うた、iPodなど携帯デジタルプレーヤーの人気は高いので音楽業界そのものが低迷しているわけではないと思います。しかし、Mステなどの人気番組を除いてテレビの歌番組の視聴率がそれほど高いわけではなく、特に、年末恒例のレコード大賞や紅白歌合戦といった懐メロや演歌を含む総合的な特別番組の人気と視聴率は低下し続けているようです。今回、放送日変更が決定したレコード大賞の去年の視聴率は、10.0%であり、かつて30~50%もの視聴率を稼いでいた「お化け番組としての集客力と存在感」はもはや完全に失ったといっていいでしょう。

もちろん、TBSで長い歴史を誇る歌番組であるレコード大賞が完全に廃止になるわけではなくて、放送日時を一日繰り上げて、12月30日の夜の放送に変更になる予定となっています。となると、テレビ局が一番視聴率を稼ぎたい大晦日の夜のゴールデンタイムの時間枠が空くわけですが、TBSは大晦日に、今注目を集めている亀田興毅の「世界タイトル初防衛線」を持ってくるのではないかという見方が出てきています。そういえば、亀田興毅は、今ドラマ「タイヨウのウタ」で難病の少女役で主演している沢尻エリカと一緒にキシリッシュのガムのCMにも出ていますね。CM出演や過激な挑発とパフォーマンスで何かとマスメディアを賑わわせている亀田興毅の実力が試される世界戦は8月2日なので、いよいよ明日、運命のゴングが鳴らされることになります。

WBA世界ライトフライ級王座決定戦「亀田興毅 VS ファン・ランダエタ(ベネズエラ)」の試合が、いよいよ明日に迫ってきましたが、いつも気性の荒さを前面に出して相手を挑発する“浪速の闘拳”亀田興毅が、今回の調印式では威圧のためのメンチを封印して冷静な態度で臨んだようです。あと、今回の世界タイトルで亀田は、一階級落として来ていて減量が相当にきついのではないかと噂されていたのですが、調印式にマックのハンバーガーを食べながら訪れて「減量には何の問題もない」ということを強くアピールしたらしいですね。ベネズエラからはるばる横浜アリーナまで世界戦を戦いにくるファン・ランダエタからすれば、そういったオーバーな減量パフォーマンスやキューピー人形のプレゼントはどうでもよくて、さっさと本番の試合で決着をつけたいというだけだとは思いますが、どういう試合展開になるのか楽しみです。

興毅、メンチはいらん!…2日WBA世界ライトフライ級王座決定戦

プロボクシング“浪速の闘拳”亀田興毅(19)=協栄=がなぞの“メンチ封印”で心理戦を仕掛けた。31日、都内で調印式と最終会見が行われ、対戦相手のファン・ランダエタ(27)=ベネズエラ=と初対面した亀田は、最終会見で恒例のメンチ切りを封印。これまでとは違う不気味な行動は闘拳流のかく乱作戦。用意周到な心理戦で、決戦前にランダエタをビビらせる。

精神的な揺さぶりは会見場への登場から始まった。迷彩色のつなぎにサングラス姿の亀田は、ハンバーガーをパクつきながら現れた。そのままひな壇の前を横切ると、先に着席していたランダエタに、グラブをつけたキューピー人形をプレゼント。「あいつ赤ちゃんやろ。そやからキューピーちゃんや。マヨネーズのヤツや」ベネズエラで「ベイビー」の愛称で親しまれている元WBAミニマム級王者を、完全に見下した。

厳しい減量を耐え忍んで試合に臨むことが常のボクサーの行動としては、異端的というかむちゃくちゃ楽観的な行動なわけですが、今回の世界戦では、あからさまな威嚇や挑発ではなく心理戦で戦いを挑みたいというような発言もしています。まぁ、相手も歴戦の世界チャンピオンですから、試合が始まれば、トリッキーな心理戦のみの効果でチャンピオンを不利な状況に追い込むのは難しいと思いますが、試合では小細工を弄するよりも力と力がせめぎ合うような正攻法でぶつかっていって欲しいですね。

僕としては、観客を盛り上げて試合を面白くするためのパフォーマンスには肯定的ですが、対戦相手を過度に侮辱したり小ばかにするような挑発は控えたほうが亀田の将来の評価を上げると思います。どうせ試合で圧倒的な力の差を見せ付けて、勝利する自信があるのであれば、試合前の相手をコテンパンに罵倒するよりもある程度の敬意を見せたほうが貫禄があってかっこよく見えるような気がします。しかし、数日前になりますが、紳士的な振る舞いとストイックな練習態度が魅力だったフェザー級の越本隆志が、強力なファイタータイプのルディ・ロペス(メキシコ)に接近戦を挑まれて完全に失神KOされたのは衝撃的でした。

続きを読む

テーマ : TV番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

2006.05.2702:17

人気俳優・速水もこみちが意外な女性との交際発覚?!TBS『あなた説明できますか?』がボロボロの視聴率になったわけ!

■トリビア番組『説明できますか』の視聴率が急速に低迷!

タモリが司会を務めて世界各地のちょっとした豆知識やどうでもいいような雑学を紹介する『トリビアの泉(フジテレビ)』は、名物番組として長期にわたって安定した視聴率を確保しているようですが、毎週水曜日放送の情報クイズ番組『あなた説明できますか?(TBS)』のほうは急激な人気の低下と視聴率の低迷によって継続が危ぶまれているようです。

水曜夜の7時台というゴールデンタイムの枠組みに『あなた説明できますか』は入っていて、司会には色々なバラエティ番組の司会として経験豊富な今田耕司と藤井隆を起用しています。それに、人気アナウンサーの魚住りえが加わって、『2つの似たモノや概念(言葉)の違い』に関するクイズを出題していくという番組構成でしたが、4月からは普通のグルメ番組、料理紹介番組に模様替えしてしまいました…。

出演メンバーが人気のないタレントというわけでもなく、雑学に関するクイズも今人気があるジャンルだったのですが、何故か、視聴率が10%にも達せず低いラインを彷徨ってしまったということですが。普通のありふれた料理の紹介に徹するグルメ番組では、大幅な視聴率回復も難しいでしょうから、もう少しすると新番組に変更されるのかもしれません。何せ、今の状態では、視聴率5%前後ということですから、殆ど惰性となりゆきで続いているだけの番組に成り果ててます…。

以下の記事では、『説明できますか』のクイズ番組としての短所として、『30分という時間で2問しか問題を出さなかったこと・番組出演者が色々試行錯誤し過ぎて答えを出すテンポが悪かったこと・その結果として間延びして視聴者の関心がそれたこと』などを上げています。

最近は、テレビや新聞といったマスメディアが占める広告掲載のシェアも少しずつ小さくなっているので、進化し続けるインターネットのコンテンツに負けないような面白い番組を制作していないとテレビ局の莫大な利益水準の維持も危うくなるのではないかなと思います…。

「説明できますか」が視聴率ボロボロ

視聴率が5%を切った

この番組は今田耕司、藤井隆、魚住りえが司会を担当し、昨年10月からスタート。「ラーメンと中華そばの違いは何か」といった素朴な疑問をクイズ形式で解き明かしていく、いわゆる“トリビア系番組”としてそれなりに話題になっていた。

しかし、視聴率が低迷し、今年の3月での打ち切り説もあった。

「扱っている題材は“なるほど”と思わせるような興味深い問題も多かった。でも、番組の構成や見せ方が悪かった。30分間で問題が2問しか出題されず、ゲストの芸能人や今田耕司が“あーでもない、こーでもない”と引っ張るから間延びしてしまう。視聴者に“へえ”と思わせる知識を目いっぱい詰め込んで好評のフジテレビの『トリビアの泉』との差は歴然です」(マスコミ関係者)

続きを読む

テーマ : 俳優
ジャンル : アイドル・芸能

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。