FC2ブログ
--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02.2605:44

浅田真央とキム・ヨナのライバル決戦が今日実現!

浅田真央とキム・ヨナのライバル決戦が今日実現!

前半のSP(ショートプラグラム)で素晴らしい滑りと演技を見せてくれた浅田真央選手(19)キム・ヨナ選手(19)ですが、バンクーバー五輪で最大の注目を集めている女子フィギュアスケートがいよいよ今日の午後1時過ぎに行われます。SPでは、浅田真央はトリプルアクセルを見事に決めて、今季自己最高得点となる73.78点を出しましたが、その後に滑ったキム・ヨナが自身の持つ世界歴代最高を更新する78.50点を出したので、SPの時点では浅田が二位となっています。

前回のトリノオリンピックでは、イナバウアーで会場を沸かせた荒川静香が金メダルを獲得しましたが、日本勢が2大会連続の金メダルを取るためには後半のFP(フリープログラム)で浅田真央が5点以上の差をつけて勝つことが求められます。19歳で同じ年の浅田真央選手とキム・ヨナ選手は、どちらも個性的な魅力と長所を持つ素晴らしい選手だと思うので、どちらにも頑張って欲しいですが、結果を実力が伯仲しているだけに実際に滑って見ないと分からないですね。

続きを読む

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

2010.01.3007:59

四大陸選手権で、浅田真央が逆転優勝、2位は鈴木明子!

四大陸選手権で、浅田真央が逆転優勝、2位は鈴木明子!

フィギュアスケートの四大陸選手権には、ヨーロッパを除くすべての大陸の選手が参加していますが、浅田真央はショートプログラム(SP)でジャンプが思い通りに行かず、厳しい採点を受けて3位になっていました。SPが終了した時点では、期待を集めている新人の鈴木明子が見事な滑りを見せてトップでしたが、後半のフリープログラムでは準備を万端に調えて調子を立て直した浅田真央が逆転を果たしたようです。将来的には鈴木明子は、浅田真央やキムヨナに並んでくる逸材の片鱗を見せていますが、現時点は演技・ジャンプの決め手と完成度においてまだ浅田に相当の優位があるように感じました。

既にバンクーバー五輪代表に決まっていて、その意味では余裕を持って演技に臨めたと思うのですが、浅田真央(中京大)はトリプルアクセルを2度決めることに成功して、FP(フリープログラム)で126.74点という高得点をたたき出しています。SPとFPの合計得点が183.96点にまで上がることになり、結局、浅田真央が逆転優勝を果たすことになりました。鈴木明子のほうも既にバンクーバー五輪の出場権を得ていますが、FPでは浅田とだいぶ差が開きました。

続きを読む

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

2009.12.0615:06

男子ゴルフ、18歳の石川遼が史上最年少で賞金王に!GPファイナル2位の安藤美姫がバンクーバー五輪に内定!

男子ゴルフ、18歳の石川遼が史上最年少で賞金王に!

ゴルフ界の将来を担う新星としてマスメディアに引っ張りだこの石川遼選手(18)ですが、ゴルフの実力のほうも着実に向上していて、マスターズなどで世界的なプレイヤーとして活躍するという期待も高まっていますね。男子ゴルフの石川遼選手が12月6日に、史上最年少の賞金王になることが決まったそうです。プロ2年目で今季4勝を上げており、ツアー通算も6勝という快挙ですが、今までの最年少記録だった尾崎将司(ジャンボ尾崎)の26歳(1973年)を大幅に更新する結果となりました。

26歳から18歳という最年少記録の大幅更新、石川遼選手がただ人気だけの選手ではないことが十二分に伝わってくる実績だと思います。石川遼の登場によって若い男女でゴルフに関心を持つ人が増えたともいわれますし、従来『オヤジくさい地味なスポーツ』というイメージのあったゴルフをがらりと新鮮で楽しそうなスポーツに変えてくれたと思います。

日本シリーズJT杯では、石川遼は普段の実力を発揮できずに、通算3オーバーで終了したのですが、賞金ランクで逆転の可能性があった池田勇太選手も優勝の可能性がなくなったため、石川遼の賞金王が決定しました。石川遼の前週までの獲得賞金額は1億8174万5759円ということで、10代で2億円近い賞金……CM出演料などを含めれば更に年俸は膨れ上がるわけですが、スポーツの世界の頂点は報酬がハンパではないですね。これからも世界で通用するプレイヤーを目指して頑張って欲しいと思います。

続きを読む

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

2008.11.2709:06

ゴルフのタイガー・ウッズがGMとの契約を解除される!石川遼プロが出場するカシオワールドオープンに「地雷埋めた」との脅迫!

ゴルフのタイガー・ウッズがGMとの契約を解除される!

アメリカの金融危機と不況の波はより一層深刻になってきていて、特に『ビッグ3』と呼ばれるGM(ゼネラルモーターズ)・フォード・クライスラーの自動車産業は経営状態と資金繰りが急速に悪化していて、来年は政府からの公的支援がなければ存続が難しいのではないかといわれています。GMは米国議会から来月2日までに経営の再建計画を提出するように求められていて、公的資金を投入してもらうために「徹底した経費削減」を行わなければなりません。その経費削減の対象には、経営陣の自家用ジェット機や各種の保養施設などが含まれますが、9年間にわたって友好関係を築いてきたトップゴルファーのタイガー・ウッズとの高額の契約も解除しなければならないようです。

世界トップレベルのプロゴルファーとして知られるタイガー・ウッズ(32=米国)ですが、24日に、契約スポンサー12社のひとつであるGM社から契約を打ち切られたことが明らかになりました。その契約内容は年間700万ドル(約6億7900万円)以上にも及ぶ巨額のスポンサー契約でしたが、後1年以上の契約期間を前倒しして解除するということです。「膝の故障」から立ち直りかけているタイガー・ウッズにしても、金融危機の予期せぬ不利益を蒙った格好になりましたが、来期からはゴルフバッグに書かれていたスポンサー広告が消えることになります。今はGMの高級車「ビューイック(BUICK)」の文字がタイガー・ウッズのゴルフバッグに書かれているということですが。

続きを読む

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

2008.10.0205:12

清原和博内野手が大阪で引退、ゲストの長渕剛が「とんぼ」を熱唱!

清原和博内野手が大阪で引退、ゲストの長渕剛が「とんぼ」を熱唱!

「球界の番長」として長年、豪快なキャラクターで野球界を盛り上げてきたオリックスの清原和博内野手(41)が、遂に大阪で引退の時を迎えることになりました。清原とPL学園で同期だった桑田真澄も大リーグに挑戦した後に引退をしましたが、清原和博の引退セレモニーも華やかで感動的なものだったようです。最後の試合は「オリックス4-1ソフトバンク」で清原が在籍するオリックスが勝ちましたが、清原の現役最後のバッターボックスは清原らしい豪快な空振り三振で潔く幕を閉じました。

30代後半くらいから清原和博のライオンズ時代(全盛期)のような快音を響かせるホームランは余り見られなくなっていましたが、競走の激しいプロ野球の世界で、途中でやめずに現役を23年も続けたのは立派な記録だと思います。試合終了後の引退セレモニーでは、オリックス選手会長の北川博敏内野手、親交のある阪神・金本知憲外野手(40)が花束を贈呈して、スペシャルゲストには清原がファンだという長渕剛(52)がかけつけて「とんぼ」を感動的に熱唱しました。歌手の長渕剛はサングラスに白のタンクトップ姿で駆けつけたそうですが、アコースティックギターを生演奏して清原が打席テーマソングにしている「とんぼ」を歌ったということです。

続きを読む

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

2008.08.1303:04

北島康介が100メートル平泳ぎで金メダル、二冠へと前進!体操男子団体は銀メダル、中国に敗れて二連覇はならず!

北島康介が100メートル平泳ぎで金メダル、二冠へと前進!

100メートル平泳ぎと200メートル平泳ぎの両方で金メダルを狙っている北島康介(25・日本コカコーラ)が、100メートル平泳ぎで見事に金メダルを獲得しました。北京オリンピックが始まってすぐに、女子柔道で金メダルが確実と見られていた谷亮子が銅メダルという残念な結果に終わりましたが、その後は順調に金メダルや銀メダルを積み重ねている感じですね。北島康介は100メートル平泳ぎで「58秒91」という驚異的な世界新記録をたたき出して、アメリカのブレンダン・ハンセンが持っている記録を再び抜きましたが、このまま絶好調の状態を維持すれば200メートルでも金メダルをとって二冠を達成する確率が高いと思います。

北島康介は、独自の抵抗の少ない泳法と飛び込みからの加速感を追求しているといいますが、北京オリンピックで採用したレーザーレーサーの水着との相性も良さそうですね。「オグシオ」と呼ばれて写真集を出すほどの人気を得ていたバドミントンの小椋久美子、潮田玲子ペア(三洋電機)ですが、第2シードの中国ペアと戦って完敗してしまいました。オグシオも外見だけの人気ではないかなりの実力派だと思いますが、メダルを獲得するというレベルでの「世界の壁」はまだまだ厚いように感じました。柔道では、柔道男子66キロ級で内柴正人(旭化成)が04年アテネ大会に続く五輪2連覇を達成しましたが、柔道女子52キロ級でも19歳の新鋭・中村美里が銅メダルを獲得しています。女子柔道63キロ級では、日本代表の谷本歩実が内柴と同じくアテネに継ぐ二連覇を達成していて、やはり柔道の日本勢は世界的に見てもかなりレベルが高いですね。

続きを読む

テーマ : 北京五輪
ジャンル : スポーツ

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。